ブログTOP

黄檗宗 雲門禅師画賛

黄檗宗 雲門禅師画賛
品目 -
価格 30,000円

黄檗 雲門禅師賛をお買取りいたしました。

「黄檗(おうばく)」とは、禅宗のひとつです。黄檗宗(おうばくしゅう)と言い、江戸時代に中国からやってきた高僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)が開祖となりました。
当時、中国からやってきた渡来僧は長崎に到着したため、黄檗宗は長崎から始まり、やがて京都へやってきて一般にひろまりました。今も、全国に黄檗寺院があります。

黄檗僧だけでなく、当時「明(みん)」といった中国国内の動乱を避けて日本にやってきたのは、建築家、工芸家、書家・画家など多種多様でした。
そのため黄檗宗がもたらした大きな功績として、中国の最新の美術様式を日本に伝えたことも挙げられるのです。

黄檗宗では「頂相(ちんぞう)」と呼ばれる禅僧の肖像画を重視したために、日本には新しいスタイルの写実的な肖像画のジャンルが成立しました。
「頂相(ちんぞう)」の特徴である正面向きの肖像画は、精緻で写実的。黄檗画像では実写に近い肖像画を描いたと言い、高僧の精神性を表現します。
日本画になかった実写を重んじる絵画様式を取り入れて、「黄檗画像」と呼ばれる独特の肖像画様式を生み出していったのです。

今回のお品物は、雲門禅師の肖像画に「賛(さん)」という文章を加えたものです。
「賛(さん)」は肖像画の本人が自分で書く「自賛」が本来のもので、僧が亡くなっている場合はゆかりのある僧侶が書きます。
黄檗画像には全身を描くかたちと上半身だけを描く形がありますが、こちらは雲門禅師(うんもんぜんし)の全身を、精緻に描き上げたもの。
黄檗画像の定番スタイルである袈裟をつけた姿で、手には払子 (ほっす)をもち、「曲椂(きょくろく)」という椅子に座っています。

雲門禅師は若くして出家、のちに苦労の末に大悟したといわれており、こちらのお品でも、高僧らしい高邁な精神性を持つ高僧として描かれています。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up