野村トーイ ブリキ製 鉄人28号

野村トーイ ブリキ製 鉄人28号

野村トーイ ブリキ製 鉄人28号をお買取りいたしました。

ブリキ製のおもちゃは1950年代から製造・発売が本格化し、車や人形など、さまざまなブリキのおもちゃが子供に大人気となりました。
とりわけ、当時の男の子たちが夢中になったのがロボットものです。

宇宙を舞台に活躍するロボットは男の子の夢を体現して、SFらしい絵柄の外箱とともに、憧れの的でした。またSFロボットものを素材とした少年漫画も人気がありました。
なかでも少年たちを夢中にさせたのが、横山光輝(よこやまみつてる)による、「鉄人28号」でした。

「鉄人28号」は、1956年から1966年にかけて月刊雑誌「少年」で連載された漫画です。
当時まだ若かった横山光輝が描くロボットは、頑丈な体を持ち、怪力で空も飛べる夢のロボット。
同じ時期に連載していた手塚治虫の「鉄腕アトム」と人気を二分するほどで、アトムをおさえて、雑誌の人気投票一位になったこともあります。

1963年からは「鉄人28号」の活躍を描いたモノクロのアニメ放送が始まり、視聴率は驚異の30%越え。
社会現象ともなり、一大ブームを巻き起こしました。
漫画の連載そのものは1966年に終わりましたが、その後も鉄人人気は衰えず、今もなお、コミックスは版を重ねているというお化け作品です。

もちろん「鉄人28号」のおもちゃは数多くつくられました。
なかでも、鉄人のイメージそのままの金属製・ブリキのおもちゃは大人気。さまざまなタイプの鉄人28号がブリキで作られましたが、なかでもブリキのおもちゃで有名な「野村トーイ」のものは、デザイン性の高さからも人気がありました。

今回のお品物は、野村トーイの鉄人28号です。
とがった鼻や表情などにも愛嬌があり、なんとも可愛らしいブリキのロボット。しかもこちらは発売当時のもので、電池を入れるとちゃんと稼働するほどの良好な保存状態です。
さらにきれいな箱付きという完璧なお品物だったため、非常に高額な買取金額でお取引させて頂きました。

箱付きの古いブリキロボットなどヴィンテージ玩具のことならお気軽にお問い合わせください。

関連買取実績
ブリキのおもちゃ買取TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル