勲二等旭日重光章 勲記付き

旭日重光章勲記付

「勲二等旭日重光章 勲記付き」をお買取りいたしました。

「旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)」は、日本の勲章です。
日本の勲章制度は明治8年から始まり、初めは武官のみが対象でしたが後に文官も対象となり、ひろく社会や教育の分野で功労のある人に贈られるようになりました。

現在では、毎年4月29日に「春の叙勲」、11月3日に「秋の叙勲」がおこなわれて、各界の功労者に対して、国及び公共への功績をたたえた勲章が贈られています。

日本の勲章には6種類があり、「旭日章(きょくじつしょう)」は、社会のいろいろな分野において功績をあげた人を表彰する勲章です。
男女にかかわらず授与され、勲章のデザインは日章の周りに光(旭光)を配置したもの。勲章とリボンである綬(じゅ)をつなぐ部分「鈕(ちゅう)」には、桐の花葉がもちいられ、日本らしいデザインの勲章です。

今回のお品物は、保存状態の良い「旭日章」の勲章と「勲記(くんき)」がセットになったもの。
「勲記」とは、勲章の受章者に渡される証書のことです。
勲章を受章したという証明になる書類で、受勲者の氏名と勲章の種類、授与日などが記載され、当時の内閣総理大臣の氏名も書かれています。

また勲四等以下の勲記には、中央に「国璽(こくじ)」という印鑑が押されています。
「国璽(こくじ)」は勲記に限って使用される国の印で、「大日本国璽」という印文。国璽は宮内庁侍従職が保管している貴重な印章で、国から勲章を授与されることの重大さを感じさせてくれます。

勲章は、骨董ファンの間では人気のコレクターズアイテムのため、市場に出るお品は少なくありません。
しかし一般的には勲章のみが売買されることが多く、こちらのお品物のように勲記と勲章がセットになっているものは非常に珍しいケースです。

勲記付きの勲章は、同じタイプの勲章単体よりも高額でお買取りができます。
ご自宅に勲章・勲記がセットで残されている場合は、一度、買取の専門家による査定をお受けになるようお勧めいたします。

関連買取実績
勲章買取TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル