無銘 市松人形女の子 正絹着物 55cm

無銘 市松人形女の子 正絹着物 55cm

「市松人形 女の子」をお買取りいたしました。

市松人形は、江戸時代の半ばごろから作られ始めたお人形です。
名前の由来はいくつかありますが、人気歌舞伎役者の「佐野川市松」をモデルとして作られたという説がよく知られています。

市松人形は男女どちらのお人形もあり、男の子は坊主あたま、もしくはお椀を伏せたような髪形で、女の子はおかっぱ頭というのがスタンダードです。
表情はどちらもおだやかで、そのかわいらしい姿は外国人からの人気も高く、日本のお土産に購入されることもよくあります。

また、海外のひとにとっては市松人形の着ている着物も、魅力的なようです。
市松人形はもともと、着せ替え人形でした。初めは大人の女性がさまざまな着物を着せ替えて楽しむ人形でしたが、時代がくだるにつれて、子供の抱き人形に変わってきたという経緯があります。
そのため、今でも市松人形の着物には、ちりめんや絞りなど高価な素材が使われていることが多いのです。

今回のお品物のように、お人形の着物に豪華な刺しゅうが入っていることもめずらしくありません。
日本の刺しゅうには複数の種類があり、日本刺繍、スワトウ、蘇州刺繍(そしゅうししゅう)、相良繍(さがらぬい)、駒繍(こまぬい)などが代表的なものです。そのどれもが着物の柄をより華やかにする繊細な手仕事で、和装の良さを引き出してくれます。

市松人形の衣装はお人形の良さを倍増させるもので、古い衣装をそのまま着ているものもあれば、持ち主が新しく仕立て直した衣装を着ていることもあり、見ているだけでうっとりするような美しさです。

今回のお品物は、女の子の市松人形。
つぶらな瞳に小さな鼻と口、透明感のある肌など保管状態の非常に良いお人形で、大きさは約55センチ。赤地に花模様のついた豪華な着物を着ています。
本体も精巧な作りで、作者など詳細は不明ですが、愛らしい存在感があるお人形です。

関連買取実績
人形買取TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル