ブログTOP

放浪の天才画家 山下清のリトグラフ【富田林の花火】

放浪の天才画家 山下清【富田林の花火】
品目 -
価格 10,000円

「放浪の天才画家 山下清のリトグラフ【富田林の花火】」とお買取りいたしました。

「放浪の画家」として有名な山下清(やましたきよし)は、1922年に東京の浅草で生まれました。
1934年に千葉県の養護施設「八幡学園」に入園。
ここで一生の仕事となる貼り絵制作の基本的な手ほどきを受けたと言われています。
1939年に突然、ひとりで八幡学園を出ていき、そのまま行方が分からなくなります。これが15年に及ぶ放浪生活の始まりで、以後はときどき放浪の旅から八幡学園へ帰り、ふたたび旅に出るということを繰り返しました。

1954年に鹿児島で放浪生活を終えるまで、全国各地を回り、その土地の風景を記憶しては八幡学園へ戻り、貼り絵作品の制作に没頭。
素朴でありながら人を強く引き付ける作品で、全国の作品展では観客動員数約800万人という驚異的な人気となりました。

1961年にヨーロッパ一周の旅に出て、40日余りで数十カ国を回るというスピード旅を終えて帰国。帰国後は50点以上のデッサンや水彩画を作成し、全国で巡回展を開催し、ふたたび大反響を呼びます。
1971年にわずか49才でなくなるまで、一心に作品を作り続けた作家です。

多数の貼り絵や水彩画作品などを残した山下清ですが、驚くべきは、その制作方法。
旅先の風景や情景を映像で記憶するという能力があった山下清は、出かけた先では作品を作らず、八幡学園や実家に戻ってから記憶をもとに描き出すというスタイルだったと言われています。
あざやかにその場の一瞬を切り取る山下清の作風は、独自の記憶力によって生み出されたものだったのです。

今回のお品物は、「富田林の花火」のリトグラフです。
山下清は花火が大好きだったため、全国の花火大会に足を運んでいます。さまざまな色の花火が夜空に打ち上げられているシーンを、カラフルに描き出した作品。
花火を見た喜びや、純粋な楽しさが画面から立ちのぼり、湧き上がってくるような力強い一枚です。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up