ブログTOP

亀文堂造 金象嵌入鉄瓶

亀文堂造 金象嵌入鉄瓶
品目 -
価格 280,000円

「亀文堂造 金象嵌入鉄瓶」をお買取りいたしました。

「亀文堂」は、幕末のころに初代亀文堂・波多野正平が始めた鋳造製品工房です。
初代亀文は京都鉄瓶の名門・龍文堂で蝋型鋳造の技術を学んだあと、近江・能登川の風景を好んで移り住み、鉄瓶や花瓶、置物などを中心とした鋳造製品の制作に従事したと言われています。

初代亀文堂・波多野正平は、江戸後期の勤王家・頼山陽(らいさんよう)の教えを受けたこともあり、勤皇の志士と交友があったことから、幽閉された経歴を持つという豪放磊落な職人だったようです。
いっぽうで鋳造技術に秀でて、風雅な美的センスもある作品を多く残しており、現在でも近江の湖東地方を中心として「日本亀文」の銘がある鉄瓶が多数残っています。
もちろん鉄瓶に限らず、初代亀文の作った茶釜や火鉢、花瓶などが美術品として高く評価されています。

初代亀文が明治25年(1892年)に亡くなった後は、3代目まで鉄瓶を中心とした高級蝋型銅器などを制作。昭和初期には工場を持ち、大小さまざまな鉄器・銅器を作っていました。こうして亀文堂の名は広く知られるようになり、現在も古美術市場で見かける「亀文堂」の作品には、3代目のころに制作されたものが多くあると言われます。
その後、昭和20年代に4代めが亀文堂の跡を継ぎましたが、時代の流れから高級鉄瓶の需要がなくなり、そのまま亀文の歴史も終焉を迎えました。

今回のお品物は、亀文堂の「金象嵌入鉄瓶(きんぞうがんいり てつびん)」です。
象嵌(ぞうがん)とは、木板や象牙、金属などの素材の上にタガネなどで刻み目を入れて、そこに異素材を埋め込んで模様や絵柄を作る技法です。象嵌は細かい部分にまで神経を行き渡らせる繊細な細工が可能になりますが、非常に高度な技術が必要な技法でもあります。
こちらのお品のように鉄瓶に金を埋め込み、細かい風景を描き上げるには熟練の職人がいなければ難しいでしょう。
仕上がりの美しさもあり美術品としても高く評価できるお品で、亀文堂のほこった技術力がを強く感じとれます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up