ブログTOP

北村西望作 獅子ブロンズ像

北村西望作獅子ブロンズ像
品目 彫刻・ブロンズ像
価格 3,000円

北村西望(きたむらせいぼう)ブロンズ像をお買取しました。

北村西望は1884年生まれ長崎県南高来郡南有馬村(現:南島原市)出身の彫刻家です。日本を代表する美術家の一人でもあり、長崎市平和公園の平和記念像を制作したことで知られています。

1903年に京都市立美術工芸学校に入学、その後に上京し東京美術大学に入学。
1944年には敗戦が濃厚なことで、陸軍省が発令した銅の供給命令で、銅像作品が無くなってしまうことを危惧し、「銅像救出委員会」を結成し、それらに抵抗をする運動をしました。その後1953年に東京に個人アトリエを建設。

1958年に文化勲章受章、文化功労者顕彰し、1969年に紺綬褒章受章し社団法人日展会長に就任をします。1979年には生誕の地である南有馬町の名誉町民となり、西望公園が設置されました。1987年享年満102歳でその生涯を閉じました。

これらの西望の功績を称え、日本彫刻会は同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」の名を冠しています。

西望の作品はひとめでそれとわかるくらいの力強さとオリジナリティーがあります。今回お買取りさせていただいた獅子のブロンズ像も迫力がある力強い作品でした。大きな傷や汚れも無く、台座と桐箱の付属品も揃っていたため高額でお買取りをさせていただきました。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up