ブログTOP

銅製蝙蝠図茶托

銅製蝙蝠図茶托
品目 -
価格 10,000円

今回買取させて頂いた、「銅製蝙蝠図茶托」は、非常に特徴的なものです。
茶托は茶碗を置くために使われるものですが、そこにはっきりと、蝙蝠(こうもり)が彫られているからです。

「蝙蝠」というと、「洞窟などにいるもの」「血を吸いそう」「なんとなく不吉な感じ」「ハロウォンのモチーフ」といったイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。あまり好意を持って受け取られることは少ない意匠ではあります。

しかし、これはあくまで、「蝙蝠」の持つ一面の印象だけの話です。
実は蝙蝠は、中国では縁起物として扱われています。
ただ、その理由は中国語に精通していないとわかりません。

蝙蝠という漢字の「蝠」は、中国語では「福」と同じ読み方をします。このため、これが縁起物になったと言われています。特に5羽の蝙蝠は富や長寿など、人間にとって好ましい状況をもたらすとされ、ありがたがられていました。
このため、茶托などにも用いられたのだと考えられます。

銅で作られた蝙蝠の茶托。少しユーモラスに描かれた蝙蝠が配置されており、楽しい茶托になっています。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up