ブログTOP

蓮に鷺の図白磁置物

蓮に鷺の図白磁置物
品目 -
価格 40,000円

白磁 蓮に鷺の図置物を買取りました。

「白磁」というのは、現在もとてもよく目にするものです。
これはごく簡単に言うと、「白い磁器」を表す言葉であり、現在もさまざまなところで開発―販売がなされています。

100円以下のものから十万円を超えるものまであり、その価格差が非常に大きいのが特徴です。それほどまでに広く広まっているものだ、という見方もできるでしょう。

ただ、白磁は、やはり安いものと高いものではその風合いや色合いが異なります。高いものの持つ輝きや柔らかな風合い(女性の柔肌に例える人もいます)は、やはり独特です。「理想の白」を追求し続ける人もいるほど、奥の深いものでもあります。

さて、今回買取らせていただいたのは、「白磁 蓮に鷺の図置物」です。

お客様からお譲りいただいたこの白磁の置物は、非常に面白く、また美しいデザインをしています。蓮の葉の上に羽を下した鷺が、蓮のピンク色の花に惹かれているその1シーンをまさに切り取ったものです。

鷺と花だけを見れば、まるで本当の鷺と花の写真を撮ったかのように見えるほど自然で、高い再現度を誇ります。「リアルな」鷺と花を、ぜひお楽しみください。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up