ブログTOP

朝鮮総督府肩章

朝鮮総督府肩章
品目 -
価格 15,000円

朝鮮総督府肩章を買取りました。

「朝鮮総督府」は、現在ではすでにない(尖塔部分のみ現存)建物であり、組織です。

日韓合併のなかで、1910年の9月末日に設けられたのが、この「朝鮮総督府」です。名前こそ「朝鮮総督府」とされていますが、その実験を握っていたのは日本人でした。これは、この時代、この国は日本の植民地であったことにも関係しています。もっとも、現地の人の意見を反映させるための制度も整えられていたと言われています。

この建物自体は非常に貴重なものではあるのですが、国民感情がこれの存続を許さず、1995年に解体されました。85年の歴史に終止符が打たれた朝鮮総督府に対するに対する解釈は人それぞれ違うと思われますが、今回買取をさせていただいた「朝鮮総督府肩章」はこの時代のものです。黄色い肩章に植物が配されたデザインをしています。

この「肩章」にはさまざまな種類があり、細分化されていました。色やデザインも異なります。
当時この肩章をつけていた人の気持ちを、現在の私たちが知ることはできません。しかし朝鮮総督府肩章だけは、ぞれを身に着けていたかつての主の気持ちを知っているのかもしれませんね。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up