会田誠 買取

会田誠の買取相場

品名 買取相場
会田誠 とれたてイクラ丼 食用人造少女美味ちゃん サイン 版画 70,000円
会田誠 太巻き 食用人造少女美味ちゃん サイン 70,000円
会田誠 開きの天日干し 食用人造少女美味ちゃん サイン 版画 56,000円
会田誠 下足と大根の煮物 食用人造少女美味ちゃん サイン 版画 53,000円
会田誠 新潟名物笹だんご 食用人造少女美味ちゃん サイン 版画 50,000円
会田誠 大山椒魚 サイン 版画 45,000円
会田誠 切腹女子高生 HARAKiRi SCHOOL Girlsポスター 40,000円
会田誠 巨大フジ隊員vsキングギドラ 版画 100,000円

会田誠の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い会田誠を処分したい
  • 所有している会田誠が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた会田誠の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた会田誠を、まとめて売りたい

ご安心ください!
会田誠買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

会田誠を高く売る方法

会田誠の高価買取を狙うなら、
現代アートについてよく知り、高額査定ができる鑑定士に頼みましょう。

高く売る方法

会田誠の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
会田誠(あいだまこと)は、現代アートの人気作家です。東京藝術大学を卒業後、グループ展や個展で名を知られるようになり、国内外で展覧会を実施。

シンガポールやアメリカのニューヨーク、ウクライナのキエフなどで開催された展覧会はいずれも高い評判を呼びました。

美少女やサラリーマンをモチーフにした、やや過激な表現で幅広い世代から圧倒的な支持を得ている作家。作品の査定は現代絵画に詳しい鑑定士に依頼しましょう。


作家の署名入りの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
目を引く題材が印象的な会田誠の作品。業者の無料鑑定を受けるときは、作品が入っていた箱やスリーブ、鑑定書、保証書を付けて出しましょう。

目利き鑑定士は貴重な絵画作品を的確にみて鑑定額を出します。それでも付属品があると査定がスムーズになりますので、所有するものはすべて出しましょう。

なお版画作品やプリントの作品にはシリアルナンバーが入っているため、ナンバー確認のために開封をした状態でも問題はありません。


評判の良い会田誠の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
会田誠のポスター、デッサン、絵画を売却するなら、評判のいい買取店に査定を依頼しましょう。

会田誠は評価の高い作家です。現代美術を得意とする買取業者なら相場よりも高額で査定、買取することもあります。作家と作品の価値を正しく評価する業者なら、高価買取になるのです。

署名入りの作品集も高額査定されますから、まずは見積もりを取って買取価格を比べてみましょう。一番高い買取価格の店に売却できます。


信頼できる会田誠の買取業者の選び方

会田誠作品を売る時は、現代アートの無料鑑定ができ
会田作品を買取したことのある業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
会田誠の作品を売却する前に、無料鑑定を実施している買取店で鑑定額を教えてもらいましょう。

このとき鑑定額が折り合わなければ、作品を売却する必要はありません。無料鑑定を受けるだけでもいいのです。査定後に売却しなくても鑑定料は不要ですから、所有する会田作品の価値を知っておきましょう。

ただし有料査定だけの業者もありますし、法外な鑑定料や出張費を請求する悪質な業者もいます。事前に必ず確認しましょう!


会田誠の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
会田誠は熱狂的なファンがいる画家です。売却を検討しているのなら、これまでに会田作品を買取した経験のある業者と相談しましょう。

ファンが多いということは、買取価格が高額になるということ。高額な作品を多数、買取している業者は正確な査定で買取価格を提示している業者です。

買取店を決める前に、ホームページで会田誠や現代絵画の買取実績をチェックしましょう。売り手に有利な価格で売却ができるようになります。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

会田誠について

会田誠(あいだまこと)は、日本の現代アート作家です。1965年に新潟県で生まれ、東京藝術大学 美術学部の絵画油画専攻を卒業。卒業後は国内外の展覧会に参加し、着実に現代アート作家としての地歩を固めてきました。おもな展覧会として「ビリーフ」(シンガポールビエンナーレ、2006年)、「バイバイキティ!!! 天国と地獄の狭間で―日本現代アートの今―」(ジャパン・ソサエティ、ニューヨーク、2011年)、「ベスト・タイム、ワースト・タイム 現代美術の終末と再生」(第1回キエフ国際現代美術ビエンナーレ、ウクライナ、2012年)などがあります。
展覧会タイトルを見てわかるように、会田誠の作品はつねに奇想天外なモチーフを組み合わせ、日本におけるタブーや社会の矛盾をあばくことがテーマです。やや暴力的、猟奇的な作品も多数発表しており、過激さから批判にさらされることも少なくありません。美少女やサラリーマンをアイコンとし、一見ポップで華麗な絵でありながら痛烈な現代社会への批評性を内包する会田の作品群。東洋と西洋の境目を軽々と行き来し、社会のひずみを絵画や写真、立体作品、インスタレーション、パフォーマンス、小説、漫画、都市計画などで多彩に表現する作家です。