竹影堂栄真 買取

竹影堂栄真の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い竹影堂栄真を処分したい
  • 所有している竹影堂栄真が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた竹影堂栄真の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた竹影堂栄真を、まとめて売りたい

ご安心ください!
竹影堂栄真買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

竹影堂栄真を高く売る方法

竹影堂栄真を高く売りたいなら、金属工芸の買取に慣れた知識
経験豊富な鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

竹影堂栄真の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
竹影堂栄真は、初代の金吾から七代続く金工の家系の作家です。釣り香炉や急須、鉄瓶、やかんといった金属工芸を多く世に送り出してきました。

人気の作家ゆえ偽物も多く出回っているので、売却する時には真贋を含めて価値を正しく査定してくれる買取業者を選ぶようにしましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
竹影堂栄真の作品は、共箱や保証書といった付属品も重要です。付属品がそろっていることでさらに価値が高まり、査定額が高くなる可能性もあるので忘れずに共箱や書類を一緒に査定に出すようにしましょう。

こうした書類は、時に真贋を見極めるのに重要な手がかりになることも。一緒に手紙やメモなどがついている場合も捨てずにとりあえず査定に出してみてください。


評判の良い竹影堂栄真の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
竹影堂栄真の作品を売却する時には、複数の買取店に相見積もりを取りましょう。

金属工芸の世界では知る人ぞ知る竹影堂栄真ですが、買取業者によってはそれほど査定額が高くならないケースもあります。

金属工芸の買取を得意とする買取店を見つけるためには、複数の見積もりを比較して、価格を見比べることをおすすめします。


信頼できる竹影堂栄真の買取業者の選び方

竹影堂栄真の作品は、
無料鑑定を実施している買取実績豊富な買取業者に査定依頼するようにしましょう。


信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
竹影堂栄真の作品を買取してもらう時は、相見積もりを取るようにしてください。買取店によって、査定額は変わるからです。

お得に売却したい、少しでも高値で買取してもらいたいという場合は、無料査定でいくつか見積もりを取り寄せて、もっとも高い査定額がどこの買取店かをチェックするようおすすめします。


竹影堂栄真の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
竹影堂栄真の家系は初代から七代にまで連なる金工の血筋です。急須や鉄瓶はサイズによって、また初代、二代、三代など誰が作ったのかによって査定額が変わってきます。

真贋を見極め、正しく査定してもらうためには、買取実績が豊富で価値ある急須や鉄瓶をたくさん見てきた買取業者に任せるのが安心でしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

竹影堂栄真 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な竹影堂栄真 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

竹影堂栄真について

竹影堂栄真の初代は金吾といい、錺(かざり)を趣味としていました。その初代の志を継いで彫金を専業とした二代の伊兵衛、三代の伊兵衛を経て、四代の竹次郎は金工の美術工芸品を多く制作し、ヨーロッパでも好評を博す職人となりました。竹次郎が有栖川宮から「竹影堂栄真(榮真)」の号を賜ったことで、後の世代にその名が受け継がれるようになります。五代の賢次は大正3年に二世竹影堂を継承しています。先代の技術を踏襲しつつ、茶道具、花器や香具を手がけました。六代の精一郎が三世竹影堂を継承したのは、昭和45年です。その3年後である昭和48年には伝統技術総合金属工芸工房「三洋工芸苑」を設立し、後進の指導も熱心に行いました。現在、京都にある株式会社竹影堂をかまえたのは、七代佳永(四世竹影堂)です。平成21年に四世竹影堂を襲名し、襲名の折には百貨店で襲名店を開催しました。株式会社竹影堂では工房での彫金体験、実演、見学を行うなど、金属工芸の啓蒙に努めています。
鉄瓶や銀瓶というと、アンティークというイメージがありますが、竹影堂ではモダンな帯留、楊枝(菓子切)、アクセサリーなどもアンテナショップで販売しています。歴代の金工作家たちの息吹が現代にも息づいているんですね。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談