堂本印象の買取

堂本印象の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

堂本印象について

伝統的な日本画と戦後の洋画的表現の二面性を見せた日本画家

堂本印象(どうもといんしょう)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

京都の醸造業の家に生まれ、京都市立美術工芸学校図案科を卒業して、西陣(にしじん)の織物工房に勤めましたが、画家を志して京都市立絵画専門学校に入学します。卒業後は西山翠嶂(にしやますいしょう)の画塾・青甲社に入り、さらに研鑽を積みます。

帝展の第一回展に「深草」 (堂本美術館が所蔵)を出品、入選をはたし、第三回展の「調鞠図」で特選、第六回展の「華厳」が帝国美術院賞を受賞します。

のちに画塾・東丘社を主宰し、門下には三輪晁勢(みわちょうせい)や山本倉丘がいました。帝展審査員や京都市立絵画専門学校の教授をつとめ、1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、文化勲章を受章しました。

堂本印象の作風は第二次世界大戦前後で大きく変わりました。戦前は伝統画を研究し代表作の「調鞠図」などを日本画の技法で描いていましたが、戦後は明るさと気だるさのある絵を洋画的表現で制作しました。

洋風テイストの強い日本画への転身に対しては、当時さまざまな意見がありましたが、現在では日本画における抽象表現を追求した点で高く評価されています。

戦前の作品も戦後の作品にも穏やかな精神性が感じられ、骨董市場では人気の高い画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談