永楽善五郎 買取

永楽善五郎の買取相場

品名 買取相場
永楽善五郎(十四代妙全) 交趾釉宝尽くし皆具 453,000円
永楽善五郎(十六代 即全)仁清写四季茶碗 共箱 420,000円
十七代 永楽善五郎 金襴手牡丹茶碗 共箱 281,000円
永楽善五郎 交趾切子水指 即中斎書付箱付 260,000円
永楽善五郎(十三代惺入) 赤楽茶碗 210,000円
十一代 永楽善五郎(保全) 偕楽園焼浅葱交趾亀形香合 196,000円
十六代 永楽善五郎 金襴手牡丹唐草食籠 即中斎花押 書付極箱  105,000円
九代 永楽善五郎(了入) 飴釉筒水指 銘:老松 150,000円

永楽善五郎の買取実績

商品名 買取価格

永楽善五郎造 織部写花入

10,000円

永楽善五郎作 織部写花入

永楽善五郎作 織部写花入

7,000円

買取価格をもっと見る

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い永楽善五郎を処分したい
  • 所有している永楽善五郎が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた永楽善五郎の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた永楽善五郎を、まとめて売りたい

ご安心ください!
永楽善五郎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

永楽善五郎を高く売る方法

永楽善五郎の作品を売るときは、茶道具についてよく知り
買取相場に詳しい目利き業者に依頼しましょう。

高く売る方法

永楽善五郎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
「永楽善五郎」は茶道の千家十職のひとつ、永楽家の当主の名前です。茶道の土風炉をつくる役割の家で、代々の当主が善五郎を襲名しています。

作風は染付や金襴手、青磁など多岐にわたり、上品かつ華やかな京都の焼き物の伝統を受け継いでいるのが特徴です。

永楽善五郎は、何代目の作かによって価値が大きく異なります。所有する永楽善五郎の作品を売却するなら、茶陶にくわしく正確な査定ができる鑑定士に査定を依頼しましょう。


作家の署名・落款のある箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
永楽善五郎の茶碗を無料鑑定に出すときは、専用の桐箱や鑑定書、購入した店のギャランティカードなども一緒に出しましょう。

歴代の永楽善五郎の茶道具は、高価買取の対象です。鑑定額が高額なほど、偽物も市場に多く出回っているもの。目利きの買取業者は鑑定時に付属品も含めて作品を見ます。

付属品なしでも高額査定になりますが、付属品がそろっていれば鑑定士の真贋判定がより正確になるでしょう。


評判の良い永楽善五郎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
永楽善五郎の茶碗は、買取相場の高い美術品です。売却する前には複数の買取店から無料査定をうけて、見積もりを取りましょう。

買取価格は店ごとに違います。永楽善五郎の茶碗の買取相場は高額です。しかし買取店によって判断基準が違うため、同じ作品でも買取価格も変わります。

時間を取り、複数の買取店から見積もりを取ることで、高い店・それほどでもない店の見分けがつきます。査定前の事前調査が重要なのです。


信頼できる永楽善五郎の買取業者の選び方

信頼できる永楽善五郎作品の買取業者は、
茶道具の無料鑑定ができる店・買取実績が豊富な店です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
高額な鑑定額になる永楽善五郎。作品を売却する場合は、無料査定ができる買取店に依頼しましょう。

歴代の永楽善五郎作品では驚くような買取価格の作家がいます。多数の茶道具を無料査定している鑑定士なら、作家ごと・作品ごとの評価が適切です。

査定も正確なので、どの永楽善五郎の作かを正確に見極められる鑑定士に査定を受けましょう。なお査定後に法外な鑑定料を請求する悪質な業者もいます。事前に費用の確認を。


永楽善五郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
永楽善五郎の売却時には買取実績が豊富な買取店を探しましょう。画像やリストで多数の茶道具を紹介している店を探すことです。

永楽善五郎に限らず、茶道具や千家十職の作品を多数買取している業者は、売り手が納得するような買取価格を提示します。

相場に見合った価格を出せるので、円満に買取が成立するのです。買取実績が多い業者は信頼度の高い業者。査定前に業者のホームページで実績を確認すれば、失敗のない買取になります。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

永楽善五郎について

永楽家は、茶道の千家十職のひとつです。室町時代末期からつづく家で、茶道で使う「土風炉(どぶろ)」や茶碗をつくってきました。初代から11代までは西村を名乗っていましたが十二代の和全が、途中から永楽を名乗るように。以後は代々の当主が永楽善五郎(えいらく ぜんごろう)を襲名。現在に至ります。永楽家では江戸時代後期の文政年間には、すでに茶碗や香合などの茶陶制作にたずさわっていました。歴代の永楽善五郎のうち、とくに評価が高いのは十六代の永楽善五郎・保全。伝統的な永楽茶碗の作風を再現した上品な茶碗を制作し、今も高い人気を誇ります。
なお千家十職では、「樂家」が茶碗を作る家として有名です。おなじ十職のなかで「樂家」と「永楽家」のふたつが茶碗を作るのはどうかと思われるかもしれませんが、樂家を受け継ぐ樂吉左衛門は「楽焼」のみを制作します。永楽茶碗とは作風が異なりますので、十職としてともに並んでも問題はないのです。また千家十職の作品は永楽善五郎に限らず、非常な高額で買取されます。代々の永楽善五郎の作品は何代目の作か、箱書きの内容などによって評価が大きく分かれます。作品とともに箱も大切に保管しておきましょう。