藤本能道の買取

藤本能道の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い藤本能道を処分したい
  • 所有している藤本能道が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた藤本能道の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた藤本能道を、まとめて売りたい

ご安心ください!
藤本能道買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

藤本能道について

釉描加彩技法を確立し、国外でも高い評価を得た陶芸家

藤本能道(ふじもと よしみち 1919-1992年)は、東京府南豊島郡(現新宿区)出身の陶芸家です。大蔵省書記官の父をもち、次男として誕生しました。東京生まれ、東京育ちですが、関東大震災の影響により、幼少期を高知市で過ごしています。東京美術学校(現東京芸術大学)工芸科図案部を卒業後に、文部省技術講習所に入り、陶磁器の技術を学びました。その後は重要無形文化財「色絵磁器」保持者である加藤土師萌(かとう はじめ)、富本憲吉(とみもと けんきち)に師事し、憲吉の助手としてはたらきながら色絵磁器の技法を習得します。また、色絵だけではなく輸出陶磁器のデザインをしたり、窯業技術の指導者としても活動しました。
終戦後は京都や鹿児島、和歌山を移り住み、東京へ戻って青梅市に築窯しました。そこで、白磁焼成の本焼工程をおこなう前に着彩するという独自の描画方法を編み出し、確立します。「釉描加彩(ゆうびょうかさい)」と名づけられたこの技法と長年の功績により、師匠と同様に重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)となります。その実績は国内にとどまることなく、フランス、ニュージーランド、オーストラリアなどでも作品を発表しました。伝統的、実用的なものから離れたオブジェなど、前衛的作品への取り組みも積極的におこない、モダンアートとしての価値が高い作品も多くあります。1985年から数年、東京芸術大学学長を務めており、名誉教授の称号も得ています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定