福島武山の九谷焼買取

福島武山の買取

福島武山買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な福島武山作品の価値を査定いたします。福助では赤絵細描で描かれた香炉・大皿など幅広いジャンルの福島武山作品の高価買取・査定が可能です。価値の分からない福島武山の査定や、不要な福島武山の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

福島武山の九谷焼買取相場

品名買取相場
福島武山 赤絵鍾馗之図 九谷佐野窯 飾皿 45,000~90,000円
福島武山 赤絵竹林七賢人之図仙盞瓶 75,000~120,000円
福島武山 布袋唐子文 山水文九谷焼花瓶 115,000~185,000円
福島武山 赤絵七福神迎寿之図飾皿 65,000~102,000円
福島武山 赤絵鳳凰紋香炉 50,000~90,000円
品名 買取相場
福島武山 赤絵鍾馗之図 九谷佐野窯 飾皿 45,000~90,000円
福島武山 赤絵竹林七賢人之図仙盞瓶 75,000~120,000円
福島武山 布袋唐子文 山水文九谷焼花瓶 115,000~185,000円
福島武山 赤絵七福神迎寿之図飾皿 65,000~102,000円
福島武山 赤絵鳳凰紋香炉 50,000~90,000円

福島武山作品の九谷焼買取価格

                  福島武山の買取実績
商品名 買取価格

福島武山作 赤絵小紋手徳利

福島武山作 赤絵小紋手徳利

50,000円

福島武山作 九谷焼赤絵仙人文香炉

福島武山作 九谷焼赤絵仙人文香炉

40,000円

福島武山 赤絵瑞鳥文九谷佐野窯茶碗

福島武山 赤絵瑞鳥文九谷佐野窯茶碗

50,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 使っていない福島武山の九谷焼きを買い取ってほしい
  • 相続した福島武山の赤絵線描壺が本物かどうか鑑定してほしい
  • 祖父が集めていた福島武山の作品の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた福島武山などの九谷焼を、まとめて売りたい

ご安心ください!
今泉今右衛門買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

福島武山の買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内の多くの店舗は、無料鑑定を実施しています。
ですが、査定してから高額な鑑定料を請求してきたり宅配買取で押し買い行為をしたり、という悪質な業者とのトラブルも報告されているので、申し込み時は注意してください。
問い合わせで、「査定の流れ」、「鑑定にかかる費用、出張査定の費用」などについて確認しておくと安心して査定を申し込めるはずです。
申し込みをする時には、気になることや不安なこと、福島武山の作品鑑定に慣れているかどうかを確認しておくと安心ですね。

福島武山作品の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

福島武山の作品を鑑定するためには、人間国宝の作品や優れた九谷焼、伝統工芸品に日常的にふれているかどうかが重要となります。
SNSや買取店のサイトの「買取実績」をリサーチして、事前に福島武山作品を鑑定できる実績や力量があるかどうかをチェックしてみましょう。買取実績として、人間国宝の作品や九谷焼の銘品、希少価値の高い伝統工芸品を多く掲載している買取店、買取業者は、審美眼をそなえた鑑定士が在籍しているとみて信頼できます。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


福島武山買取でよくある質問

福島武山買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。


福島武山氏について

福島武山 赤絵瑞鳥文九谷佐野窯茶碗

福島武山(ふくしま ぶざん 1944年- )は、繊細な赤絵を施すことでよく知られる陶芸家です。武山は、石川県立工業学校デザイン学科を卒業してから美術の仕事を志しましたが、結婚後に絵付け職人をしていた義母の影響で絵付けの道に入りました。赤絵細描は、九谷焼の代名詞的な存在であり、九谷焼の上絵技法の中でも特に細かい作業を必要とする技法とされています。鉄分を含む赤い顔料「ベンガラ」を使って精緻な文様を描き、金襴をほどこして華やかに仕上げるのが特徴です。武山は絵付けを進めるごとに何度も窯に入れて焼成し、しっかりと絵を定着させる方法を用いて細かな文様をあらわしています。1982年に全国伝統的工芸品展で奨励賞を受賞し、以降は創造美術展で朝日新聞新聞社特別賞ならびに北華賞、九谷焼産業デザインコンクールで名古屋通商産業局長賞、ならびに石川県知事賞を受賞するなど、国内での地位を確固たるものにしました。また、フランスのエルメス社において時計の文字盤デザインを手がけ、国外でもその伝統の技を発揮しています。主な陶磁器作品に、「花舞陶筥」、「九谷赤絵綱手鉢」などがあります。柔和な笑みをたたえた人物や、線の乱れや色ムラが一切見られない美しい文様は、現代九谷焼の芸術品として高く評価されています。なお後進の指導は、「食べていける職人」を育てることをモットーとし、技術だけでなく陶磁器に関する経済観念や、技術とニーズの接点などについても指導をしています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定