呉昌碩の買取

呉昌碩の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 持っている呉昌碩の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 呉昌碩の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 呉昌碩の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 呉昌碩の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた呉昌碩の掛軸を処分したい

ご安心ください!
呉昌碩買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

呉昌碩について

呉昌碩(ごしょうせき)は中国の新時代末期から、1920年代まで第一線で活躍した中国の美術家です。幼少期に父親から書や篆刻を教わり将来を嘱望されていましたが、1851年に起きた「太平天国の乱」で瀕死の目にあいました。のち、22歳で科挙に合格。高級官吏の秘書として中国全土をまわりつつ、各地の芸術家と親交を結び、作品制作に多大な時間を割くようになります。しかしこのころはまだ書や絵画、篆刻を作っても、それほどの評価を受けることはありませんでした。あくまでも官僚の余技として価値かるく扱われていたのです。
呉昌碩が本格的に芸術家として認められたのは、50歳を過ぎてからのこと。日本とのかかわりも深く、書家である長尾雨山や、呉昌碩の篆刻の弟子にあたる河井荃盧らが日本画壇に紹介したことでよく知られるようになりました。大正11年には大阪高島屋で展覧会もおこなわれ、日本における知名度は今も非常に高いものです。また多数のこされている掛軸作品は高価買取の対象。しかし人気のある画家であるため工芸印刷されたものが掛軸として表装されているケースもあり、なかには明らかな贋作も混じっています。査定・鑑定にはベテランの鑑定眼が必要です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定