川瀬巴水買取

川瀬巴水の買取実績

  • 川瀬巴水 田子ノ浦橋
    川瀬巴水 田子ノ浦橋

    買取価格 00,000円

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い川瀬巴水を処分したい
  • 所有している川瀬巴水が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた川瀬巴水の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた川瀬巴水を、まとめて売りたい

ご安心ください!
川瀬巴水買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

川瀬巴水の作品を高く売る方法

大正・昭和に活躍した浮世絵師、川瀬巴水の作品を
高額で買取してもらう方法をご紹介します。

高く売る方法

川瀬巴水の作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
浮世絵師の川瀬巴水は、大正〜昭和に活躍しました。当時衰退しつつあった浮世絵にスポットライトを当て、版画としての価値を再構築しました。

日本の風景を精緻に表現したその版画は海外で特に高い評価を獲得し、スティーブ・ジョブズが好んで収集していたことでも知られています。

そんな川瀬巴水の作品の売却は専門家に任せるのが一番。買取査定は浮世絵の価値を知る美術品の専門家に依頼しましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
買取してほしい川瀬巴水の作品がお手元にある場合、まず確認したいのが共箱や来歴を記した但し書き、保証書などの有無です。

これらの付属品は、作品の真贋を鑑定する際に役立つ上、希少性を客観的にあらわす証拠にもなるものです。

査定依頼を出す前に、共箱やギャランティカードがすべてそろっているかをチェックしてみてください。


評判の良い川瀬巴水作品の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
川瀬巴水の浮世絵版画は希少価値の高いものですが、相場より高く買取されるかどうかは買取業者のもつ販路、需要と供給のバランスによって決定されます。

ゆえに、満足できる査定額を目指すのであれば、複数の買取店に相見積もりを取り、算出された価格を比較する必要があるでしょう。

定価のない浮世絵や美術品を買取してもらう時は、参考にしてください。


信頼できる川瀬巴水作品の買取業者の選び方

川瀬巴水を売却したい時に探すべき業者の選び方、ポイントは
査定料買取実績です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取の悪徳業者は、査定した後で高額な鑑定料を要求したり、出張買取で押し買いをしたりします。

川瀬巴水の浮世絵を処分する時にイヤな思いをしないよう、無料で査定を実施している買取店を選びましょう。

なお、鑑定書発行料(手数料)や遠方(買取業者の出張範囲外)への交通費は必要経費なので、請求されても悪質というわけではありません。安心してください。


川瀬巴水の作品の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
川瀬巴水の作品や、大正・昭和期の日本画家の絵画、浮世絵などを多数買取している買取店は、知識豊富で経験豊かな業者と判断できます。

多数の買取実績を掲載していることは、作品の真贋を鑑定できる目利きであり、豊富な販路をもつ優れた買取店という証明なので、サイトを探してみてください。口コミサイトやブログ、SNSをチェックするのもオススメです。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

川瀬巴水について

「川瀬巴水(かわせはすい)」は大正・昭和に活躍した版画家です。

明治16年に東京で糸組物職商人の長男として生まれました。10代のころに日本画を、川端玉章(かわっばたぎょくしょう)の門下だった「青柳墨川(あおやぎぼくせん)」「荒木寛友(あらきかんゆう)」から学び、成人して後は白馬会葵橋洋画研究所で洋画をおさめました。

明治43年に美人画の巨匠・鏑木清方(かぶらききよたか)に入門。「巴水」という名前は、鏑木清方からもらったものです。
同門には浮世絵師・版画家の伊藤深水(いとうしんすい)がおり、また版元の渡邊庄三郎(わたべしょうざぶろう)と知り合ったことで、巴水は木版画に興味を持つようになります。

大正7年に、巴水は渡邊版画店から塩原温泉郷の景色を描いた「塩原三部作」を発表。以後、風景版画を数多く制作し、伊東深水・吉田博などとともに「新版画」の代表的作家として活躍しました。
またアメリカの鑑定家ロバート・ミューラーが作品を紹介したことにより、川瀬巴水の作品は日本のみならず欧米でも広く知られています。その抒情的な作風から海外での評価も高く、アメリカなどでは葛飾北斎や歌川広重らに並ぶ人気のある作家です。

川瀬巴水の特徴は、叙情ゆたかに描き出される日本の風景です。
巴水は版画の原画を作るときに旅先で写生をおこない、それを版画に落とし込む手法を取りました。
旅におもむいたあちこちで日本らしい風景を切り取って原画を描き版画作品としたため、「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談