畠春斎の鉄瓶買取

畠春斎の買取相場

品名 買取相場
畠春斎 七宝 銀象嵌提手 銀摘蓋 千筋紋 責紐形 鉄瓶 共箱 196,000円
畠春斎 銀亀甲象嵌宝袋鉄瓶 共箱 175,000円
畠春斎 松竹梅 金銀象嵌 棗形鉄瓶 共箱 142,000円
畠春斎 極上銀粒象嵌 富士型尾垂鉄瓶 共箱  120,000円
畠春斎 瓢箪耳付 撫四方形鉄瓶 共箱 112,000円
畠春斎 粒銀象嵌提手 銀摘白肌素肌地紋丸形鉄瓶 共箱 106,000円
畠春斎 蕾型摘素肌地紋瓢形鉄瓶 107,000円
畠春斎 雲龍文 鉄瓶 共箱 84,000円

畠春斎の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 畠春斎の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 畠春斎の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 畠春斎の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの畠春斎鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
畠春斎作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

畠春斎の鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

畠春斎の鉄瓶を高く売るなら、
鋳物や茶道具をよく知る目利き金医師に査定を依頼しましょう。

  • 畠春斎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    畠春斎は鋳物の街、富山県高岡市で代々つづく鋳物師の家系です。明治時代の初代から、現在活躍中の3代目まで続いており、鉄瓶や茶の湯釜、花器など多彩な鋳物作品を制作しています。

    とくに茶の湯釜と鉄瓶は有名美術館にも収蔵されている逸品ぞろい。高岡の歴史をふまえたモダンな造形が人気の理由です。

    畠春斎の鉄瓶を売却するときは、茶道具や鋳物作品に詳しい買取店から査定を取りましょう。今も人気が高く、高価買取が狙える作家です。

  • 作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    3代続く畠春斎の作品には、それぞれ銘が入っています。また専用の箱に作家自身が署名、押印をして作品名を書き込んだ「共箱」に入っていることがほとんどです。

    銘入り、共箱、鑑定書付きの作品なら、買取店による真贋判定も容易でしょう。目利き鑑定士は箱や書類などの付属品がなくても査定が可能ですが、付属品がそろっている状態なら鑑定額アップを期待できます。

    桐箱は古くなるとしみが出たり、破損したりしますが、共箱は貴重なもの。引っ越し時などに処分しないように注意しましょう。

  • 評判の良い畠春斎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    高岡鋳物の世界でもビッグネームの畠春斎。鉄瓶を売却しようと思うなら、事前に複数の買取業者から見積もりを取っておきましょう。

    古い鉄瓶は非常に人気があり、買取相場も上昇傾向です。畠春斎のような人気作家の作品は高額鑑定されやすいので、複数の業者に無料鑑定を依頼し、コストのかからない状態で最新の買取価格を知ることが重要。

    今ではLINEをつかった簡単な査定も可能です。複数見積もりの比較で買取相場を知り、適正な金額で売却しましょう。

畠春斎の買取業者の選び方

畠春斎の鉄瓶売却では、多数の鉄瓶を買取し、
無料査定を実施している業者を選ぶ
のが成功のコツです。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    高価買取を狙える作品ほど、事前の鑑定は無料でできる買取店を探しましょう。買取店の査定は、基本的に無料です。

    査定後に作品を買い取る前提で鑑定額を提示するのですから、査定だけでお金をもらうことはありません。出張買取でも、鑑定士の交通費を請求するところが多いでしょう。

    ただし「有料査定」を基本としている買取店もありますし、査定後に高額な「出張費」を請求する悪質な業者もいます。無料査定かどうか、事前に確認すると安心です。

  • 畠春斎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    所有する骨董品を売却するのは初めて……という場合は、過去の鉄瓶買取実績が豊富な業者を探しましょう。買取業者にも得意なジャンル、力を入れているジャンルがあり、茶道具や鉄瓶を多く買取している業者は適正な査定額を提示できます。

    また買取後の販売ルートが確立しているので、やや高額な買取価格を出すこともあるのです。業者の買取実績はホームページで確認を。

    実際の買取価格や、買取した品物を画像付きで公開している店なら、安心して売却相談ができます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

畠春斎について

畠春斎(はた しゅんさい)は、富山県高岡市で鋳物を作ってきた家柄です。高岡市は加賀藩の初代藩主、前田利長が高岡城を築城して以来、鋳物工芸が盛んな土地。畠春斎は高岡城が作られるとき、河内から招かれて城下に移住してきた釜屋彦兵衛の末裔だと伝わっています。初代の畠春斎が茶の湯釜を作るようになり、名声を博しました。
2代目が技術を継ぎ、霰紋、無地紋といった伝統的な茶釜を制作。やがて独創的な茶の湯釜や鉄瓶を作るようになり、高岡のみならず富山県を代表する鋳物作家として有名になりました。茶道具のほかにも花瓶や火鉢を作っており、鋳物作家としての能力を存分に発揮。いまも高い評価を得ています。なお2代春斎の印は「春斎」 「貮代春斎」 「畠重男印」などで、これらが押されているものは2代目の作品です。
現在は2代目の息子が3代春斎を継承しており、日本工芸会正会員になって活躍中。3代目は畠春斎らしい伝統にのっとった作品を作りつつも、ぬくもりを感じさせる作風です。とくに茶の湯釜や鉄瓶は「一型一点」をモットーにしており、基本的に一つの型は一点にしか使いません。そのため希少価値が高く、高額で売買される人気の鉄瓶作家です。

畠春斎の作風

畠春斎は、銅器の名産地、富山県高岡市で有名な鋳物師です。作風は、3代にわたって受け継がれてきた伝統に基づいた品格にあります。初代は王道、正統派の端正な造形が特徴で、2代目は伝統にアート的な感覚を取り入れた新しい茶の湯釜や鉄瓶に挑戦。伝統技法の裏打ちされた斬新な形が目を引きます。3代目は祖父、父である初代と2代目への敬意を持ちながらも、鉄の柔らかさを生かしたデザインで海外でも高く評価されています。

畠春斎の略歴

初代 畠春斎

略歴
1908年
(明治41年)
富山県高岡市に生まれる
1922年
(大正11年)
父から釜づくりを学び始める
1941年
(昭和16年)
「利休350年展」に出品、三千家々元の鑑査に合格
1942年
(昭和17年)
第5回文展に出品、初入選する
1946年
(昭和21年)
第1回日展にて入選
1954年
(昭和29年)
第10回日展にて北斗賞を受賞
1957年
(昭和32年)
第4回日本伝統工芸展にて初入選
1962年
(昭和37年)
日本工芸会正会員となる
1964年
(昭和39年)
第11回日本伝統工芸展にて奨励賞を受賞
1978年
(昭和53年)
勲四等瑞宝章を受章。三笠宮家に作品を献上
1981年
(昭和56年)
享年73歳にて、没

2代

略歴
1944年
(昭和19年)
富山県高岡市で生まれる
1971年
(昭和46年)
日本伝統工芸展にて初入選。以後、入選を重ねる
1973年
(昭和48年)
日本伝統工芸展にて奨励賞を受賞
1978年
(昭和53年)
日本伝統工芸展にて、日本工芸会を長賞
1982年
(昭和57年)
初代の死にともない、2代春斎を襲名
2007年
(平成19年)
享年64歳で没

3代

略歴
1976年
(昭和51年)
富山県高岡市に生まれる
1996年
(平成8年)
2代から釜づくりを学ぶ
2007年
(平成19年)
3代目を襲名。日本伝統工芸富山展にて、奨励賞を受賞
第54回日本伝統工芸展にて、朝日新聞社賞を受賞
2009年
(平成21年)
日本伝統工芸富山展にて、県教育委員会賞を受賞
日本伝統工芸会正会員となる
2010年
(平成22年)
日本伝統工芸富山展にて奨励賞を受賞
2013年
(平成25年)
日本金工展にて、朝日新聞社賞を受賞
第60回日本伝統工芸展にて、NHK会長賞を受賞
第7回佐野ルネッサンス鋳金展にて、第1部門大賞を受賞