平安 香草 買取

平安 香草の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い平安 香草を処分したい
  • 所有している平安 香草が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた平安 香草の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた平安 香草を、まとめて売りたい

ご安心ください!
平安 香草買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安 香草を高く売る方法

平安香草を売買するときは、盆栽鉢の価値を知り
貴重な香草作品の査定ができる買取店に依頼しましょう。

高く売る方法

平安 香草の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
平安香草は、関西盆栽界のビッグネーム。京都の盆栽店・香草園の初代店主であり、東本願寺の中に作った窯で盆栽小鉢の制作をしていた作家でもあります。

平安香草の繊細な呉須の盆器は、盆栽を引き立てるものとして、いまも人気があります。しかし残された作品の数が少ないため、買取相場は非常に高額。

所有する香草の盆栽鉢の売却をお考えなら、盆器の価値を正確に査定できる目利き鑑定士に依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
平安香草のてがけた盆栽鉢には、木箱に入った作品や鑑定書が付いていることがあります。箱や鑑定書は付属品と呼ばれる貴重なものです。

作品がたしかに平安香草ゆかりのものであるという証明ですから、付属品がそろっているほうが鑑定額アップを狙えるでしょう。

もちろん付属品がない状態でも作品の売却は可能です。盆栽鉢にくわしい目利き買取業者に査定してもらえば、買取相場に見合った鑑定額が提示されるでしょう。


評判の良い平安 香草の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
高価買取になる盆栽鉢は、複数の買取店から見積もりを取って買取価格を比較しましょう。

香草の盆栽鉢を購入したい顧客がいれば、相場よりも高い金額であっても買取店は手に入れたいもの。見積もり額もほかの店よりぐっと高くなります。

実際の買取価格は見積もりを取ってみないとわかりません。ネットで業者の評判を調べ、いいクチコミが多い買取店に無料鑑定を頼んでみましょう。査定だけしてもらい、売却しなくてもかまいません。


信頼できる平安 香草の買取業者の選び方

貴重な平安香草の作品を売却する時は、盆栽鉢の無料鑑定を実施
多数の買取実績がある業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
価値の高い盆器は、良い鑑定士が在籍している買取店の無料査定を受けましょう。ほとんどの業者が鑑定料なし、無料で作品を見て、その時点での買取価格を出します。

同時に作品の真贋判定もしてくれるので、所有する香草の作品の評価額を聞いておくといいでしょう。

反対に査定後、鑑定料を請求する・高額な出張費を請求するという業者は悪質です。あらかじめ電話で鑑定料や出張費を確認して、トラブルを避けるようにしましょう。


平安 香草の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
平安香草の盆栽鉢が手元にあるが、どの買取店に売るべきかわからない…という場合は、業者の買取実績を調べましょう。

店のホームページにこれまで買取した盆栽鉢が作家別にリストアップしてあれば、一つずつチェック。平安香草の作品が多数買取されているなら、売り手が納得する価格を提示できる買取店です。

作品名とともに、実際の買取価格が公開されていることもあるので見ておきましょう。査定額の参考になります。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安 香草について

平安香草(へいあんこうそう)は、京都、四条大宮に本店を持つ水石・盆栽の専門店、香艸園(香草園)の初代店主・河合蔦蔵(かわいつたぞう)の作家名です。

河合蔦蔵は東本願寺大谷家とゆかりがあり、大正10年ごろから昭和19年まで、東本願寺で二十二世法主であった大谷光瑩(おおたにこうえい)師遺愛の盆栽を管理培養していました。

その縁で昭和13年ごろに東本願寺内に窯をつくり、当時、数の少なかった小盆栽用の鉢の制作を開始。東本願寺窯を使って盆栽小鉢の研究を目的とした「拈陶会(ねんとうかい)」を主宰しました。

「拈陶会」には永田健次郎・長友蓮葉・西口杉庵・稚松愛草・宮崎萬草園らが参加。平安香草は盆栽鉢のデザインについてアドバイスをおこない、できあがった鉢を盆栽愛好家へ販売する仲介などを担当していました。

なお「東六香艸」の箱書きがある鉢は、河合蔦蔵があつかった「拈陶会」参加者の作品です。香草自身も鉢の制作をしましたが、残されている鉢の数は多くありません。

戦後は日本盆栽協同組合・関西支部の支部長を長くつとめ、昭和37年に事故により他界。

平安香草の盆栽鉢は、繊細な呉須が特徴です。作品には「香艸」の落款が入っており、希少価値と美しさから今も高い人気があります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談