平安香翁 買取

平安香翁(香山)の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い平安香翁(香山)を処分したい
  • 所有している平安香翁(香山)が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた平安香翁(香山)の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた平安香翁(香山)を、まとめて売りたい

ご安心ください!
平安香翁(香山)買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安香翁(香山)を高く売る方法

平安香翁(香山)を売るときは、盆栽関係の買取相場に精通した
目利き鑑定士に査定してもらいましょう。

高く売る方法

平安香翁(香山)の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
平安香山(へいあんこうざん)は、盆栽小鉢の名手です。関西盆栽界のビッグネーム・平安東福寺と並んで、今も高い評価を得ている作家のひとり。

するどく反り返った形の盆栽鉢を数多く残し、作品の端正なたたずまいから「カミソリ香山」とよばれました。

生涯で制作した盆器は数千に及びますが、買取価格はつねに高額。売却をお考えなら、盆栽器の買取相場をよく知る鑑定士に査定を依頼することです。鑑定額が違ってきます。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
有名作家の手がけた盆栽鉢には、高い鑑定額がつきます。買取業者の査定に出すときは、作品の入っていた箱や鑑定書をそえて出しましょう。

骨董品としての価値もある盆栽鉢には、作家の署名や作品名が手書きされた木箱がついている場合もあります。

高額な作家ほど偽物も出回っているので、箱や書類といった付属品でしっかりと真贋判定をしてもらいましょう。高額作品ほど、目利き業者でも鑑定に細心の注意が必要なのです。


評判の良い平安香翁(香山)の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
高価買取の対象になる平安香翁(香山)。売却するときは、複数の買取店に無料査定を頼みましょう。

買取店の鑑定額は店によってちがうため、見積もりをとって金額を見比べないと買取相場よりも安く売ってしまうかもしれません。

査定で出てきた買取価格を比較してから売れば、損のない売却ができるでしょう。


信頼できる平安香翁(香山)の買取業者の選び方

平安香翁(香山)の作品を売るときは、どんな盆栽鉢も無料で鑑定している
買取実績多数の店に任せましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
高額な盆器は目利き業者に鑑定してもらう必要があります。無料査定で、所有する香山の盆栽鉢の価値を知っておくことが重要。

鑑定額が折り合わなければ作品を売却する必要はありません。そのまま持って帰ればいいので、安心して査定を依頼しましょう。

買取店の査定はお金がかからないのが一般的です。ただし有料査定の買取店もありますので、事前に確認を。無料鑑定・無料査定を実施している買取店を探して、依頼することです。


平安香翁(香山)の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
平安香翁の作品を売却したいが、どんな買取業者がいいのかわからない…初めての売却では業者選びに迷うでしょうが、まず買取店のホームページを見ましょう。

これまでの買取実績のなかに、たくさんの盆栽器があったり有名作家の作品が画像付きで紹介されたりしていれば、盆栽器に関する目利き業者ということ。

平安香翁の盆栽鉢も適正な査定額で買取してくれるでしょう。同時に店の評判をネットで確認することも大事です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安香翁(香山)について

平安香山(へいあんこうざん) は、昭和時代の盆栽鉢作家です。戦前から戦後にかけて京都で活躍し、約40年にわたって制作をつづけました。

戦前は登り窯を使い、戦後は電気釜による焼成。手間のかかるタタラづくりを主にしていたため、制作期間が長かったとはいえ、残された作品は1万個たらずだと言われています。

平安香山の手による作品は幅が広く、サイズは小鉢に中型・大型まで、泥ものも釉薬を使ったものもあります。

いずれもゆがみがなく、きっちりとした端正な器形が特徴。とくに美しく反り返った盆栽鉢の形から、別名で「カミソリ香山」とまで呼ばれました。

作品は大まかに、戦前に作られたもの・戦後の作品に分かれます。戦前のものは白い京焼特有の肌が特徴。紫泥、白泥、黒泥といった泥もの、釉薬を使用したもの、染付、色絵と多岐にわたります。

釉薬は辰砂釉・緑釉・瑠璃釉・蕎麦釉・白釉・黄釉などを使い、浮彫や透かし彫りの技法も用いました。

平安香山は多様な作品を残しつつ、昭和48年に二代目に香山の名をゆずり、以後は「香翁」の号を使用。「香山工房」として父子合作の盆器を制作しました。

戦前・戦後・工房もののいずれも高い評価を得ていますが、愛好家からは戦前の盆器が支持されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談