比田井天来 買取

比田井天来について

古典を再構築した現代書道の父

比田井天来(ひだい てんらい 1872-1939年)は、ほかに画沙、大朴といった号を用いた書家です。長野県北佐久郡(現佐久市)に生まれた天来は、小学校を卒業後に上京して漢学私塾二松學舍(現二松學舍大学)に入学、漢籍と金石文を学びました。金石文とは、刀剣や青銅器といった金属・石などに刻まれたり象嵌されたりした文字資料のことをさします。卒業後は、東京陸軍地方幼年学校習字科教授、東京高等師範学校習字科講師、東京美術学校講師などを歴任。古碑帖の研究をおこない、古典臨書の解明と、そこから独自の書法を創出することに打ち込みました。朝鮮や台湾にも遊学し、見識を深めています。明治の三筆の一人に数えられる日下部鳴鶴の高弟としてもよく知られており、1914年には鳴鶴が発行していた書道の機関紙「書勢」の経営を受け継いでいます。門下生には手島右卿をはじめとした著名な書家が多く、その弟子たちは新たな書の表現を開拓しました。
天来の「現代書道の父」という異名は、近代に確立されたさまざまな書法の礎的存在となっていることに由来しています。また書道芸術社、大日本書道院の設立に尽力し、文部省検定委員としても活動しました。佐久市には、日本初となる書道専門の美術館「天来記念館」があり、天来の書や筆、落款などが展示されています。また天来の妻で書家でもある小琴の作品や、次男で書家となった南谷(なんこく)の作品も収められています。なお、生家の裏庭は自然公園となっており、天来らが手がけた石碑が建てられています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談