樋口一葉の買取

樋口一葉の買取・査定実績


こんなお悩みございませんか?

  • 持っている樋口一葉の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 樋口一葉の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 樋口一葉の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 樋口一葉の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた樋口一葉の掛軸を処分したい

ご安心ください!
樋口一葉買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

あなたのガラクタ、
だれかのお宝!

こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。「買取福助」は価値ある骨董を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

出張買取

  • 日時のご予約日時のご予約
  • ご自宅へ訪問・査定ご自宅へ訪問・査定
  • その場でお支払いその場でお支払い

出張買取対応地域

東京都内、川崎市
出張買取対応中

出張買取可能地域

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

ポイント
  • 成約に至らなくても出張料金はかかりませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお問い合わせください。

店頭買取

宅配買取

  • 伝票到着後に品物と必要書類を郵送伝票到着後に品物と必要書類を郵送
  • 品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡
  • 買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

買取福助「安心」の3つのこだわり

当店では、初めてのお客様やお一人様でも安心してご利用いただくために、3つのこだわりを持ってご対応させていただいております。

1安心のお取引

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。

お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。

分かりやすい見積書

分かりやすい明細で安心

分かりやすい見積書
後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。

2満足いただける高価買取の仕組みがある

手数料は無料

手数料は無料

手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
買取価格日本一へ挑戦

買取価格日本一に挑戦

買取価格日本一へ挑戦

当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。

3お客様目線での対応・お店づくり

査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。
査定だけでもOK

査定だけもOK、キャンセル料はいただきません

査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
買取成立すれば、即現金でお支払します。

即現金化、スピーディーに対応します

買取成立すれば、即現金でお支払します。

お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。

入りやすい店舗づくりを心がけています。

入りやすい店舗づくり

入りやすい店舗づくりを心がけています。

どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある古美術店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。

お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。

樋口一葉の買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な樋口一葉の買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

樋口一葉について

森鴎外らに絶賛された早逝の女流作家

樋口一葉(ひぐち いちよう 1872-1896年)は、24歳の若さで亡くなった小説家です。2004年から新渡戸稲造に代わり、5千円札の肖像として採用されました。戸籍名は奈津で、「なつ」とも表記されています。小説は一葉(姓なし)、歌人名義では「樋口夏子」、新聞小説は浅賀のぬま子、春日野しか子など、複数の号を使い分けて活動しました。樋口夏子と一葉の混合系である樋口一葉という名義で発表された作品は、実はあまり多くありません。一葉は、東京府第二大区(現東京都千代田区)にある長屋で生まれました。両親は駆け落ち同然で結婚して上京したために貧しく、それゆえか一葉は生涯で12回もの引っ越しを経験しました。幼い頃から聡明で、7歳にして曲亭馬琴(きょくてい ばきん)の「南総里見八犬伝」を読破するほど。父はその才能を見抜き、知人のつてを頼って和歌を習わせました。歌人である中島歌子(なかじま うたこ)が主宰する「萩の舎」では上流階級の子女たちの中にあっても物怖じせず、才媛と称されています。
初めて一葉の筆名で随筆をあらわしたのは、20歳の時です。その後に執筆した「たけくらべ」は、幸田露伴(こうだ ろはん)や森鴎外(もり おうがい)らに高く評価されますが、その頃には肺結核に体を蝕まれており、まもなく亡くなってしまいます。国内で最初の職業女流作家といわれており、創作である小説だけでなく日記にもその価値が見出されています。一葉の作品は、短冊としても現代に伝わっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談