平田宗幸の買取

平田宗幸の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

平田宗幸について

幕末に危機に瀕した鍛金を美術工芸に押し上げた名工

平田宗幸(ひらたむねゆき)は、明治・大正期に活躍した鍛金家です。

鍛金(たんきん)という言葉はあまり耳慣れないものですが、金属を金鎚(かなづち)などで打ち、延ばしたり曲げたりして成型する技術のことです。

平田宗幸は代々鍛金をおこなう家に生まれました。
幕府御用打物師の平田三之進重之(江戸平田家六代目)の弟子となり、その技術を継承します。
しかし維新後は武具の注文が亡くなり、鍛金業そのものが立ち行かなくなります。

そんな逆境の中で平田宗幸は、従来の技術に改良を加えていきました。
置物や額などを制作することを始め、やがて鍛金は鍋や窯などの日用品の他、仏像や仏具、花瓶などに活路を見出します。

平田宗幸は東京美術学校(東京芸大の前身)で教鞭をとるようになり、のちに教授になります。門下には官展や日展で活躍した石田英一(いしだえいいち)がいます。1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命されました。

平田宗幸の作風は、繊細さと力強さをあわせ持っているのが特徴です。
代表作のひとつである「茄子形水滴」(東京芸大が所蔵)は赤銅の肌を磨き上げてつやを出して茄子の上に虫(虫は四分一・銀)をのせたところに江戸時代から続く洒脱な軽さが感じられます。

茄子そのものの造形をそのまま水滴とするのは珍しくありませんが、平田宗幸の作品には軽妙さがあります。
写実性のある見事な造形表現が見るものをひきつけ、熱心なコレクターのいる評価の高い作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談