平田陽光買取

平田陽光作 市松人形 女の子45cm

平田陽光の市松人形買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な平田陽光の人形の価値を査定いたします。

価値の分からない市松人形の査定や、不要な平田陽光の人形の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

平田陽光の買取相場

品名買取相場
平田陽光 市松人形 女の子 45cm 150,000~550,000円
平田陽光 市松人形 女の子 64cm 200,000~650,000円
平田陽光 衣裳人形 舞妓 36cm 100,000~190,000円
平田陽光 市松人形 男の子 100,000~190,000円
平田陽光 生人形「凛然」桃太郎 30,000~60,000円

平田陽光の買取実績

                  平田陽光の市松人形
商品名 買取価格

平田陽光作 市松人形 女の子45cm

平田陽光作 市松人形 女の子45cm

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の平田陽光の市松人形を処分したい
  • 所有している平田陽光の市松人形が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた平田陽光の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた平田陽光の人形を、まとめて売りたい

ご安心ください!
平田陽光買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

平田陽光を高く売る方法|買取のポイントは?

人形有名作家・平田陽光の作品を、高価買取してもらう売却方法を、ポイントごとにまとめました。

平田陽光の作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

人形作家平田陽光の「生き人形」は、特に高価買取で取引されています。
なぜなら、平田陽光は、主に市販の高級人形を手掛けていたため、生き人形の作品が希少だからです。
また、「市松人形」も数が少ないため、高価な値段がつきやすいです。
平田陽光の作品を売却する場合は、人形の専門店に依頼しましょう。人形に詳しい目利きの鑑定士が、適正価格を提示してくれます。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

平田陽光の「生き人形」などを鑑定・査定してもらいたい場合は、なるべく買ったときと同じ状態で買取業者や買取店に出したほうが良いでしょう。
査定額は、人形だけではなく、箱などの付属品を含め、総合的に判断されるからです。
また、箱などの付属品は、平田陽光作品の真贋を証明するものとして、役立ちます。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

平田陽光作品を売却したい場合は、同じジャンルの平田陽光を多く取り扱っている買取店に見積もりを依頼しましょう。
ネットの口コミなどで、評価が高い買取店を選ぶのもポイントです。
複数の買取店に査定を依頼することで、平田陽光作品の買取価格を比較することができます。

平田陽光の人形買取業者の選び方

平田陽光作品の売却は、実績が豊富で、便利な出張査定、無料査定を実施している業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

買取業者や買取店による査定は、基本的に無料査定です。平田陽光作品を査定してもらいたい場合は、念のために、無料鑑定・査定なのか。
また、出張査定を行っている買取店の場合は、鑑定・査定料と出張料は無料なのか事前に確認しておきましょう。
査定後に、思っていたより高額な請求になったとならないように、注意しましょう。

平田陽光の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

平田陽光の「生き人形」などの作品を売却するときは、平田陽光作品を多く買取している買取業者に依頼しましょう。
買取件数が多いということは、平田陽光作品についての知識や、真贋を見分ける力が高いということです。
現在では、買取実績をHPで掲載している買取店も多いです。ぜひ、チエックしておきましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

平田陽光について

平田陽光作 市松人形 女の子45cm

平田陽光(ひらたようこう)は、初代平田郷陽を父にもち、重要無形文化財いわゆる人間国宝とされた二代平田郷陽を兄にもつ人形作家です。繊細な表情と、生身の人間をそのまま人形にしたようなリアリスティックな造形を得意とする兄郷陽は、当時「芸術家」と認められなかった人形師と「芸術」として認められなかった人形の価値を高めようと尽力した作家でした。一方で、平田陽光は市販品の日本人形という枠組みの中で最高級を目指す道を選び、確かな技術を輝かせた作家でした。市販品の市松人形を多く手がけたとはいえ、その技巧は兄に勝るとも劣らず華やかで表情の細部にまでいきとどいた造形が魅力です。また、陽光はごく少数ながら兄と同じような、生きているような表情をたたえた生き人形も手がけています。こちらは市松人形よりも希少価値が高く、現在ほとんど出回っていないために、幻の作品といわれるほど非常に価値が高まっています。平田陽光は、一見すると父である初代、兄であり人間国宝である二代とは別の道を選んだようにみえます。ですが、市販品の日本人形の中でも最高水準の造形、そして少数ながら残る生き人形の精緻な表情。その根底には、確かな技術と高みを目指す芸術性が息づいているようです。

高価買取中の市松人形作家

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定