本阿弥光悦の買取

本阿弥光悦:書と陶芸に秀で、琳派に深くかかわった多彩なアーティスト

本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ 1558-1637年)は、書家、陶芸家として知られています。
特に書においては「光悦流の祖」と称される存在であり、近衛信尹(このえ のぶただ)、松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)とともに「寛永の三筆」と讃えられていました。

「寛永の三筆」という表現は、国内が動乱の極みにあった室町時代において権力を失った京都の公卿が、矜持の拠り所また貴重な財源として伝統的な芸能を磨いたことが背景として挙げられます。
競い合いによって却ってそれぞれの書流が同じようなものになってしまった時代に、伝統を越えて新たな表現を確立したのが「寛永の三筆」とされた三人です。

光悦は、刀剣の鑑定や研磨をおこなう京都の家に、長男として生まれました。
陶芸や漆芸、茶道に造詣の深い芸術家として知られており、本阿弥一族や職人などで構成された法華宗の宗徒を連れて、光悦村という一種の芸術村を作ったこともあります。

この村は、京都府が平成12年に整備し、「京都新光悦村」として現在に継承されています。
俵屋宗達尾形光琳らの描いた下絵に光悦が書をあらわした共作も有名で、「光悦流の祖」としてだけでなく、琳派の確立に深く関与した人物です。

書跡としてよく知られているのは、宗達下絵による「四季草花下絵古今和歌巻」、「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」などです。
また、陶芸作品の楽焼白片身変茶碗「不二山」と、漆芸作品「舟橋蒔絵硯箱」がそれぞれ国宝に指定されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談