市川苔州 買取

市川苔州の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い市川苔州を処分したい
  • 所有している市川苔州が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた市川苔州の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた市川苔州を、まとめて売りたい

ご安心ください!
市川苔州買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

市川苔州を高く売る方法

市川苔州の盆器を高く売るには、盆栽の買取相場をよく知り、
正確な査定ができる鑑定士と相談することです。

高く売る方法

市川苔州の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
市川苔州は、昭和初期に活躍した盆栽鉢の作家です。多様な釉薬をつかいこなした作家で、蕎麦釉や小豆釉、瑠璃釉、鉄砂釉、辰砂釉などがあります。

昭和46年に亡くなった後も、遺作が高額で売買される人気作家。どの鉢も色合いの透明感がすばらしく、盆栽鉢としての価値はあがるいっぽうです。

高価買取されるアイテムですから、手放そうと思うときは盆栽関係の品物に強い目利き買取業者の査定を受けましょう。


作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
市川苔州の盆栽鉢は、高価買取になる品です。買取業者の査定を受けるときは、作品が入っていた木の箱や鑑定書も添えて出しましょう。

苔州の作品には、作品名や作家の名前が入った専用箱が付いていることが多いです。骨董品の世界で「共箱」と呼ばれるもので、所有者の名前が入っていることもあります。

共箱や鑑定書があると作家、所有者が明確になり、作品の真贋もはっきりするため、鑑定額が上がることもあるのです。


評判の良い市川苔州の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
市川苔州の売却では複数の買取店から見積もりを取り、買取価格を比べてから売りましょう。さまざまな色合いの苔州盆栽鉢は、どれも高額で査定される逸品。

ひとつの買取店が低い査定額だったとしても、別の店では高い評価を受けることもあります。同じ作品でも鑑定士によって鑑定額が異なるのですから、複数見積もりで納得できる買取店を見つけましょう。

あとは価格交渉をしながら目利き鑑定士と具体的な売却を相談するだけです。


信頼できる市川苔州の買取業者の選び方

貴重な市川苔州は、盆栽鉢の無料鑑定をしていて、
これまでに多数の作品を買取してきた業者に売りましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
市川苔州の盆器は、盆栽愛好家の間で今も人気があります。査定を頼むときは、無料でみてくれる買取業者を選びましょう。

買取店の査定は基本的に無料です。希少価値のある市川苔州の盆栽鉢であっても目利き鑑定士が無料で見てくれます。

買取価格が折り合わなければ売却する必要もありませんから、そのまま鉢を持って帰ればいいのです。まずは無料鑑定でお手元の盆栽鉢を査定してもらい、価値を知っておきましょう。


市川苔州の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
実際に盆栽鉢を売却するまえに、買取業者の買取実績を調べましょう。実績はホームページに掲載されていることが多いです。

過去の買取実績が盆栽鉢の写真・鑑定額といっしょに公開されていたり、市川苔州や平安東福寺などの有名な盆栽鉢作家についての記事が掲載されていたりする買取店はおすすめ。

盆栽関係に詳しい目利き鑑定士がいるという意味ですから、高額になる市川苔州の査定も安心して任せられます。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

市川苔州について

市川苔州(いちかわたいしゅう)は、大正から昭和初期にかけて活躍した盆栽器作家です。明治30年に群馬県で生まれ、20代後半に草花の売買をしつつ東京下谷で窯をつくりました。

盆景材料を製作にはげみ、その後は目白に移転。昭和の初めから本格的な盆栽鉢の制作に入りました。ちなみに「苔洲」という名前は、草花を扱っていた店の名前からとったものです。

目白で盆器の制作にとりかかったころから一光園・御殿山・興花園・衆芳園などから注文を受けるようになり、盆栽鉢作家として注目を集めました。この時期の作品には「苔洲」の落款とともに、注文主の園名も一緒に入れたものも見られます。

市川苔州がもっとも精力的に制作にとりかかっていたのは、昭和初期の10年ほどです。有名な陶芸家・板谷波山の教えを受けたこともあるといわれており、鉢の形はのびやかな広さを感じさせます。

また多様な釉を使っているのも市川苔州の特徴。小豆釉や蕎麦釉、辰砂釉、瑠璃釉の鉢が代表作で、鉄分の多い土を使った渋い味わいが魅力です。

どの作品も色合いに透明感があり、深みとともに木を引き立てるといわれます。形状は丸い鉄鉢型や太鼓胴が多く、無落款の作品でも苔州の作と判断がつけやすいのも特徴です。

ほかに「平安東福寺」だけの落款を押したものもあり、初代のものか二代のものかを見分ける鑑定眼が必要とされます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談