飯塚琅玕斎の竹籠買取

飯塚琅玕斎の竹籠買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が飯塚琅玕斎の価値を無料で査定いたします。

作家や価値の分からない竹籠の処分・売却をお考えなら、出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

飯塚琅玕斎の竹籠買取相場

品名 買取相場
飯塚琅玕斎 造 煤竹組花籠 215,000円
飯塚琅玕斎 造 大型竹編長花生 380,000円
飯塚琅玕斎 造 竹組手付花籠 150,000円
飯塚琅玕斎 丸型竹花籃 掛花籠 60,000円
飯塚琅玕斎 竹編手付丸型花籃 70,000円
飯塚琅玕斎 瓢型竹籠花入 910,000円
飯塚琅玕斎 煤竹組花籠 銘 十一文字 250,000円
飯塚琅玕斎 ゐく比花籃 共箱 147,000円

飯塚琅玕斎の竹籠買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 使っていない飯塚琅玕斎の竹籠を処分したい
  • 所有している飯塚琅玕斎が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた飯塚琅玕斎の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた飯塚琅玕斎の竹籠を、まとめて売りたい

ご安心ください!
飯塚琅玕斎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

飯塚琅玕斎を高く売る方法|買取のポイントは?

飯塚琅玕斎の作品を高く売りたい時は、工芸作品への専門知識豊富な買取業者に依頼しましょう。

  • 飯塚琅玕斎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    竹工芸家として著名な飯塚琅玕斎の作品は、手放すなら鑑定眼の確かなプロに依頼すべきです。
    美術作品に詳しくない買取業者に売却すると、あまり高い査定額がつかない可能性もあるので、作品の希少性を見極められる知識豊富な買取業者に買取の申し込みをしましょう。

  • 作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    飯塚琅玕斎の作品は高い人気ゆえ、偽物や真贋のさだかではない工芸品も出回っています。そうした偽物と一線を画す真物の証明は、共箱や専用ケース、保証書といった付属品によって確立されることも。
    ゆえに、査定依頼に出す時には箱や書類といった付属品も忘れず一緒につけましょう。

  • 評判の良い飯塚琅玕斎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

    相見積もりを取って査定額を比較

    買取店の鑑定額は一律ではなく、それぞれ違いがあります。質の高い飯塚琅玕斎の作品といっても、得意不得意、もっている販路などによって査定額は左右されます。
    お得に売却するには相見積もりを複数の買取店からとって、もっとも高額な査定額を提示してきた買取業者に売却することをおすすめします。

飯塚琅玕斎の買取業者の選び方

飯塚琅玕斎作品の査定は、無料鑑定をしていて、買取実績の豊富な業者に依頼しましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    価値ある飯塚琅玕斎の作品を売却する際は、安心できる買取業者に任せたいもの。安心できる買取業者とは、査定後に法外な手数料を請求したり押し買いをしたりしない正当な業者です。
    査定でトラブルに巻き込まれないようにするためには、無料鑑定実施をしっかりと明言している買取店を探すと良いでしょう。

  • 飯塚琅玕斎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    飯塚琅玕斎の作品や著名な作家による工芸品を多く買取している買取店は、知識豊富で専門的なコレクターの販路を多くかかえている買取店と見なすことができます。
    鑑定に専門知識がいる竹細工は、工芸品の買取実績をアピールしている実績豊富な買取業者を探して買取してもらいましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

飯塚琅玕斎について

飯塚琅玕斎(いいづかろうかんさい)は、竹細工を代々生業とする家に生まれ、12歳で竹工の修行をはじめました。翌年には生家のある栃木から上京し、生け花や書道をも学んだといわれています。亡くなるまで精力的に活動を続け、工芸家として優れた作品を世に送り出し続けました。出品した帝展では、特選2界、参事の一人に選出されてからも出品を続けていました。また、審査員としても活躍しています。パリ万国博覧会、シカゴ万国博覧会に作品を出品し、昭和天皇に作品を献上した経験も。美術品の傾向としては伝統派で、竹芸の伝統美、格式を後世に受け継いでいました。当時の竹細工は、日常使い、普段使いの工芸品でしたが、飯塚琅玕斎は美術品として鑑賞する作品として竹細工の存在価値を高めた一人といえます。花籠「銘あんこう」、「冨貴」などが代表作として有名です。花籠は、花を飾ってこそ完成するというその余白が、日本の伝統美におけるひとつの極み、到達点といえるでしょう。編まれた造形美に建築的な要素を見出す人も多く、国内のみならず海外にもコレクターのいる竹細工の作家です。琅玕斎は、もともと画家を目指していたほど美術的センスに優れた人物であり、竹を用いた空間作りにもその才能が存分に発揮されていたのでしょう。

高価買取中の有名竹籠作家