今尾景年の買取

今尾景年:華やかさと正確さを併せ持った花鳥画で有名な日本画家

今尾景年(いまおけいねん)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。

京都の友禅悉皆業の家に生まれ、11歳で梅川東居の弟子になりました。
師である梅川東居は江戸後期の浮世絵師・梅川東南の門人でした。

そのため銅版画の技術も持っており、今尾景年は梅川東居から画技だけでなくさまざまなことを学びました。
入門してから3年ほどたったころに、東居の口添えで日本画の鈴木派の祖である鈴木百年の弟子になりました。

青年期までは家業である着物の友禅染めの下絵描きをしながら画技を磨き、奈良や兵庫、大阪などへ出かけ、写生に努めました。
一つの流派にとらわれずさまざまな技法を身に着けて、華やかな花鳥画を得意としました。

のち第4回京都博覧会に出品、第6回京都博覧会にも「牧童図」を出品し銀賞を受賞するなど、しだいに京都画壇の中で認められていきます。

さらにシカゴ万博には「鷲猿図」を出品して名誉賞を受賞、パリ万博に「春山花鳥図」を出品して銀牌を受賞して、海外でも高く評価されました。1904年(明治37年)に帝室技芸員に任命。

今尾景年の画風は伝統を重んじる保守的なものです。
とくに花鳥画の写実性に注目し、博物学者の指導を受けつつ写生した「景年花鳥画譜」という本からは、その正確さと精密さが読み取れます。

華やかさと精緻さをあわせもつ作品は掛け軸なので非常に人気が高く、市場の需要がなくならない画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談