今尾景年の掛軸買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

今尾景年の掛軸買取相場

今尾景年の掛軸買取価格

商品名 買取価格

今尾景年『日神舟出図』大幅・二重箱

今尾景年『日神舟出図』大幅・二重箱

30,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている今尾景年の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 二重箱に入った今尾景年の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 床の間にある今尾景年の掛け軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 今尾景年の作品ときいたが、はっきりしない掛け軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた今尾景年の掛け軸を処分したい

ご安心ください!
今尾景年買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ



今尾景年について

華やかさと正確さを併せ持った花鳥画で有名な日本画家

今尾景年(いまおけいねん)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。京都の友禅悉皆業の家に生まれ、11歳で梅川東居の弟子になりました。師である梅川東居は江戸後期の浮世絵師・梅川東南の門人でした。そのため銅版画の技術も持っており、今尾景年は梅川東居から画技だけでなくさまざまなことを学びました。入門してから3年ほどたったころに、東居の口添えで日本画の鈴木派の祖である鈴木百年の弟子になりました。青年期までは家業である着物の友禅染めの下絵描きをしながら画技を磨き、奈良や兵庫、大阪などへ出かけ、写生に努めました。一つの流派にとらわれずさまざまな技法を身に着けて、華やかな花鳥画を得意としました。のち第4回京都博覧会に出品、第6回京都博覧会にも「牧童図」を出品し銀賞を受賞するなど、しだいに京都画壇の中で認められていきます。さらにシカゴ万博には「鷲猿図」を出品して名誉賞を受賞、パリ万博に「春山花鳥図」を出品して銀牌を受賞して、海外でも高く評価されました。1904年(明治37年)に帝室技芸員に任命。
今尾景年の画風は伝統を重んじる保守的なものです。とくに花鳥画の写実性に注目し、博物学者の指導を受けつつ写生した「景年花鳥画譜」という本からは、その正確さと精密さが読み取れます。華やかさと精緻さをあわせもつ作品は掛け軸なので非常に人気が高く、市場の需要がなくならない画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定