伊東陶山の買取

伊東陶山:従来の京都の陶芸を、斬新な視点から見つめ直した名工

伊東陶山(いとうとうざん)は、幕末から明治・大正期に活躍した陶芸家です。

京都に生まれ、幼少期より絵画に興味を示して円山派の画家・小泉東岳に絵の手ほどきをうけます。
絵とともに、東岳がおこなっていた茶碗の絵付けや土瓶づくりを手伝ううちに、陶芸に目を向け始めて絵画から陶芸に転向しました。

多くの窯を見て陶磁器の研究を続け、京都五条坂の陶工・亀屋旭亭に師事して本格的に陶芸を学び始めます。
やがて京都、粟田白川畔に「陶山」を開窯。従来の粟田焼など、京都の焼き物を斬新に解釈しなおし、高く評価をされることになります。

緑綬褒章を受賞したあとは、陶芸の普及のために研究団体の「遊陶園」を結成して、浅井忠や宮永東山などとともに積極的に活動をおこないます。

1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命。帝室技芸員には陶芸家は5人しか任命されておらず、陶芸界でも貴重な存在となりました。

伊東陶山の作風は斬新さにあります。
宇治朝日焼の復興や粟田焼の振興に尽力し、新しい技術を取り入れて従来の技法の改良をおこなうなど、モダンな作品を作り続けました。

明治期の作品はほとんどが海外への輸出品となっており、国内に残っているものは非常に少ないため貴重です。
国内には今でも熱心なコレクターがおり、市場での需要が尽きない名工です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談