金谷五良三郎の鉄瓶買取

金谷五良三郎の買取相場

品名 買取相場
金谷五良三郎 金谷五郎三郎 素唐銅蓋銀摘手取式鉄瓶 共箱 1,420,000円
金谷五良三郎 金谷五郎三郎 黄唐銅蓋銀摘 手取式 鉄瓶 共箱 560,000円
金谷五良三郎 銀摘日丸鉄瓶 330,000円
金谷五良三郎 銀摘黄銅蓋鉄瓶 234,000円
金谷五良三郎 黄唐銅鎚目噛弦 平宝珠式鉄瓶 130,000円
金谷五良三郎 金谷五郎三郎 長閑式刷毛目鉄瓶 共箱 350,000円
金谷五良三郎 金谷五郎三郎 紫檀玉摘 繰口筒形鉄瓶 172,000円
金谷五良三郎 金谷五郎三郎 平提手 銀摘 銀梅象嵌斑紫銅蓋鉄瓶 150,000円

金谷五良三郎の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 金谷五良三郎の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 金谷五良三郎の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 金谷五良三郎の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの金谷五良三郎鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
金谷五良三郎作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

金谷五良三郎を高く売る方法|買取のポイントは?

金谷五良三郎の鉄瓶を高く売るなら
茶道具や古美術品に詳しい目利き鑑定士に査定してもらいましょう。

  • 金谷五良三郎の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    金谷五良三郎は金属の茶道具で有名な金工の家柄です。茶道具の査定には幅広い知識が必要ですから、目利き鑑定士に依頼するのがおすすめ。

    評判の良い買取店の目利き鑑定士に査定をしてもらい、最新の買取相場に準じた鑑定額を提示してもらいましょう。金谷五良三郎は16代まで活躍しており、作品数も多いです。

    人気金工家だけあって市場には偽物も流通していますので、真贋判定ができる鑑定士に任せるのがいいでしょう。

  • 作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    金谷五良三郎は京都金工のビッグネームです。買取店の無料鑑定に出すときは、箱や鑑定書、保証書、購入した店のギャランティカードなど、すべてを一緒に出して査定を受けましょう。

    現在まで16代を数える名工の家柄のため、何代目の作品か、制作年はいつか、によって評価が変わってきます。お手元の関連書類、箱を添えて出しましょう。

    なお署名、押印入りの「共箱」や鑑定書がなくてもベテラン鑑定士なら、きちんとした査定ができます。ご安心を。

  • 評判の良い金谷五良三郎の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    京都で錺金工といえば、金谷五良三郎というほどに知名度の高い作家です。売却するときも一か所の見積もりでは、正確な査定額が出ないかもしれません。

    買取店には高額で買取するジャンルがほぼ決まっており、茶道具などは専門の買取業者が高額査定をします。

    また同じ買取店でもタイミングによって買取相場より高額な査定になることもありますから、複数業者から見積もりを取るべきなのです。金額を比較すると、大きな違いがあって驚くでしょう。

金谷五良三郎の鉄瓶買取業者の選び方

金谷五良三郎の鉄瓶売却では、
これまでにたくさんの鉄瓶作品を買取している経験豊富な業者を選びましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    金谷五良三郎は伝統的な金工作品を多数制作しています。お手元に金谷五良三郎の鉄瓶があるなら、まず無料鑑定ができる買取店に相談しましょう、

    無料鑑定、無料査定をしている業者はこれまでに多数の鉄瓶を見ていますので、状態や真贋判定をしたうえで、最新の鑑定額を提示してくれます。査定額に納得がいかなければ、売却しないで持ち帰っても問題はありませんから、気軽に査定依頼できます。

    しかし中には査定後に高額な「査定料」を請求する悪質な業者もいますので、事前の確認が必要です。

  • 金谷五良三郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    金谷五良三郎は京都を代表する金工家です。鉄瓶も高価買取が期待できるアイテム。売却するときは、鉄瓶の買取実績が豊富な業者を探しましょう。過去の買取実績は、業者のホームページに掲載されていることが多いです。

    実際に買取した鉄瓶の写真と買取価格が掲載されていれば、査定額のイメージがつかめますし、ネットの口コミで業者の評判もチェックすることができます。査定依頼の前に情報をみておくのがおすすめです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

金谷五良三郎について

金谷五郎三郎(かなやごろさぶろう)は、京都の金工家です。初代は戦国末期、豊臣家の家来であった安藤氏の子と言われており、京都で鉄釜を作っていました。金属に着色をする方法を編み出し、「五郎三色」と命名。豊臣秀吉の命により茶道用の銅火鉢を制作し、その独自の緋銅色が賞賛されました。以後、五郎三色の技法は家伝として継承されていきます。なお初代から8代目までは、名乗りが今の「金谷」と違い、「金屋」でした。8代目は尾張徳川家の御用達となり、「五良三=銅器」と呼ばれるほどの隆盛を極めます。
数々の名工を輩出した金谷家において、名匠と呼ばれるのが9代目。名乗りを「金谷」にあらため、国内外の博覧会で多くの賞を受賞し、金谷五良三郎の名を広めました。
金谷家はさらに技術を磨き、鉄瓶や蓋置、建水、茶托、火鉢などの茶道具を中心に金工作品を制作。昭和に入り、15代になってからは鍛金作家の田中秀明に師事し、作品の幅を広げていきました。現在は16代目が金谷五良三郎を継承し、鍛金技法の「鎚起」と「鍛造」を得意としています。400年以上におよぶ長い伝統を守りながら、茶道具にもモダンなセンスを取り入れ、スタイリッシュな鉄瓶、蓋置などを制作。15代、16代がそろって活躍し、ますます金谷五良三郎の名を高めています。

金谷五良三郎の作風

京都の鋳物師、金谷五良三郎の特徴は、着色した金属から生み出す多彩な作品です。400年以上にわたる歴史を持つ金谷家では、伝統的な茶道具の鉄瓶や建水、蓋置などを、鍛金、鋳金、彫金といった技法で生み出し続けています。とくに「五郎三色」として有名な緋色銅や黄色銅は初代から受け継がれている大きな特徴。また最近では15代、16代目が茶道具以外の金工作品も手掛けており、建築装飾やアクセサリーの分野でも人気があります。

金谷五良三郎の略歴

略歴
1581年
(天正9年)
初代 金屋五良三郎(道円)生まれる
1668年
(寛文8年)
初代 86才で没
1716年
(享保元年)
2代(日随)71歳で没
1771年
(明和8年)
4代(円心)65歳で没
1778年
(安永7年)
3代(即円)91歳で没 茶道具および、書院におく道具類を制作
1816年
(文化13年)
5代(一良)77歳で没
1824年
(文政7年)
6代(宗円)45歳で没
1847年
(弘化4年)
7代(一乗)54歳で没 工房を作り、弟子とともに制作をはじめる
1873年
(明治6年)
8代(日円)64歳で没 尾州徳川公の御用達となり、隆盛する
9代(良器)ウィーン万博に「紫銅耳付花瓶」「宣徳銅蝶耳花瓶」などを出品
1876年
(明治9年)
9代(良器)フィラデルフィア万博に出品
1877年
(明治10年)
9代(良器)第1回内国博で鳳紋賞を受賞
1878年
(明治11年)
9代(良器)パリ博で 「緋銅象嵌香合」が銅牌受賞
1879年
(明治12年)
9代(良器)シドニー博で有功二等を受賞
1889年
(明治22年)
9代(良器)パリ博で銀賞受賞 54歳で没 明治元年に名乗りを「金屋」から「金谷」にあらためる
桂離宮の襖の「消金七宝入り引手」の写しを作り、帝室博物館へ収める
1901年
(明治34年)
10代(日祐)32歳で没
1928年
(昭和3年)
11代 (道器)58歳で没 「金谷五良三郎」の商標登録を受けた
1946年
(昭和21年)
12代 (常行)44歳で没
13代 (作善)12代の養子として金谷家に入る
1932年
(昭和7年)
14代(鷹司)生まれ、平成元年に14代を襲名
1940年
(昭和15年)
15代 京都に生まれる
1940年
(昭和33年)
15代 鍛金作家の田中秀明に師事
1940年
(昭和37年)
15代 京展に初入選
1940年
(昭和42年)
15代 第10回日展に初入選
1940年
(平成17年)
15代を襲名
1940年
(平成18年)
15代 京都府伝統産業優秀技術者表彰を受ける
1976年
(昭和51年)
16代 京都に生まれる
2009年
(平成21年)
16代 第38回 日本伝統工芸近畿展で「京都府教育委員会教育長賞」を受賞
2015年
(平成27年)
16代を襲名