金重陶陽の買取

金重陶陽の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い金重陶陽を処分したい
  • 所有している金重陶陽が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた金重陶陽の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた金重陶陽を、まとめて売りたい

ご安心ください!
金重陶陽買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

金重陶陽について

伝統の保護と育成に尽力した備前焼中興の祖

金重陶陽(かねしげ とうよう 1896-1967年)は、備前焼で初めて重要無形文化財保持者いわゆる人間国宝に指定された陶工です。江戸時代半ばから一時人気を失っていた備前焼を再興した、備前焼中興の祖として知られ、弟子を育成するなど後進の指導にも熱心でした。伝統工芸の保護育成を目的とする日本工芸会の設立にも、尽力しています。岡山県和気郡(現備前市)において、備前焼窯元の名門「六姓」のひとつに長男として生まれた陶陽は、5歳の時からすでに焼き物に興味をもち、土にふれていたといわれています。伊部尋常小学校高等科を卒業したのち、父を師匠として作陶をスタートさせました。当初は細工物を作っていましたが、次第に桃山備前についての研究にも勤しむようになり、陶土や窯の構造、焼成法などについて工夫をこらすようになります。試行錯誤の末、炎の性質や釉薬で変化を遂げる窯変(ようへん)を人為的に作り出すことに成功、方法を確立することで桃山風備前を蘇らせるのに成功します。陶陽の芸術的技法によって、当時は低俗と評価されていた備前焼は、再びその地位を取り戻します。
「陶陽」の号を用いるようになったのは22歳頃からで、この時すでに彩色備前の作成に取り掛かっていました。自身の研究の成果を出してからは、もっぱら茶の湯に用いる陶器である「茶陶」を多く世に送り出しました。代表作としてよく知られているのは「備前焼緋襷平水指」、「備前手鉢」、「累座壺」などです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定