加納夏雄の買取

加納夏雄の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

加納夏雄について

海外での評価も高い、明治期彫金界の最高峰

加納夏雄(かのうなつお)は、明治期を代表する金工家です。

大月派の金工、池田孝寿に入門したのち、中島来章に円山派の絵を学びました。のちに上京して、造幣少技監として新しい1円銀貨の原型制作をうけおいました。

その原型制作において、非常に精巧で精密な原型を作ったために絶賛され、以後、明治期にわたって新貨幣の原型制作は加納夏雄一門が担当することになりました。

1890年(明治23年)に帝室技芸員に任命。第二回内国勧業博覧会の審査官をつとめ、同時に東京美術学校の教授として若い芸術家の育成に尽力しました。

加納夏雄は、青年期に円山派の中島来章に絵を学んだためデッサン力が非常に高く、写実的な日本画の筆さばきをそのまま金属の上に表現することができました。

特に得意としたのが片切彫(かたきりぼり)という技法で、彫り線の片方を浅くし片方を深く彫りこむものです。筆の濃淡と同じような描線を金属上で作ることができ、複雑でニュアンスのある線が実現しました。

加納夏雄の代表作は「千羽鶴花瓶」((宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵)、「月雁図鉄額」(東京国立博物館が所蔵)など数多くが残っています。
国内のみならず、海外からの評価も高い作家のため、現在でも作品の評価額はうなぎ上り。つねに人気の高い彫金家のひとりです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談