狩野山楽の買取

狩野山楽:京狩野の立役者

狩野山楽(かのう さんらく 1559-1635年)は、近江国蒲生郡(現滋賀県)に生まれました。
織田信長に滅ぼされた浅井長政の家臣の子であり、豊臣秀吉に仕えた後、命令によって狩野永徳の養子となりました。

狩野永徳の孫である狩野探幽(かのう たんゆう)は京都から江戸に移って活動しましたが、山楽やその婿養子である山雪は京都にとどまって活動しました。そのため、山楽らを「京狩野」と称することもあります。

「京狩野」は、永徳と比べるとゆったりした構図に描く傾向がみられ、雄大さを感じさせるデザインが特徴です。代表作は、京都の「妙心寺屏風」、大覚寺「大覚寺宸殿障壁画」、正伝寺「正伝寺方丈障壁画楼閣山水図」などです。

「妙心寺屏風」は、「龍虎図屏風」、「厳子陵・虎渓三笑図屏風(げんしりょう・こけいさんしょうずびょうぶ)」、「商山四皓・文王呂尚図屏風(しょうざんしこう・ぶんのうろずびょうぶ)」を総称したもので、すべて重要文化財に指定されています。

また、「大覚寺宸殿障壁画」のうち山楽の筆とされるのは紅梅図(宸殿8面)、牡丹図(宸殿18面)水墨画の山水図(正宸殿16面)と松鷹図(13面)とされています。

ちなみに宸殿 (しんでん)とは、皇室の関係者が住職として代々つとめてきた特定の寺院にのみみられる建物です。この寺院は門跡寺院(もんせきじいん)と呼ばれており、大覚寺は真言宗の問責寺院となっています。
このように山楽の作品としては屏風が非常に有名ですが、絵馬や掛け軸も見られます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談