川合玉堂の買取

川合玉堂の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

川合玉堂について

おだやかな描線と色彩で、日本の原風景を描いた巨匠

川合玉堂(かわいぎょくどう)は、明治・大正・昭和の日本画家です。

愛知県に生まれ、14歳で京都の日本画家・望月玉泉の弟子になります。

のち円山派の幸野楳嶺(こうのばいれい)の弟子になり、久保田米僊、藤山鶴城などとともに学びました。川合玉堂は楳嶺塾で才能を大きく開花させます。

23歳の時に東京へうつり、橋本雅邦に狩野派を学びました。のちに橋本雅邦が日本美術院を設立すると師に従って川合玉堂も参加。以後は、東京勧業博覧会の審査官や文展審査員などをつとめます。

橋本雅邦の死去後、川合玉堂を中心にした山水会ができ、30年も続きました。1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命。

川合玉堂の画風は、円山・四条派と狩野派の融合したものです。
両派の伝統的な画法をともに自家のものとしていた川合玉堂は、非常に静謐な詩情あふれる風景画を作り上げることができました。

代表作の「彩雨」などにあるように、線や墨の色を巧みに使い、穏やかで美しい日本の四季を描き続けました。今では貴重になった日本の原風景を画面上に描いた巨匠です。

掛軸や小品など、比較的たくさんの数の作品が残っていますが、人を引き付ける強い魅力を持った作風でファンも多い。骨董市場では決して価値が下がらない作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談