キース・ヘリング 買取

キース・ヘリングの買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いキース・ヘリングを処分したい
  • 所有しているキース・ヘリングが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたキース・ヘリングの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたキース・ヘリングを、まとめて売りたい

ご安心ください!
キース・ヘリング買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

キース・ヘリングを高く売る方法

キース・へリングを売却する時は、現代アートに詳しく
絵画作品を正確に査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

キース・ヘリングの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
キース・ヘリングは、アメリカの現代アートの作家です。

1980年代のグラフィティ・アートをけん引したひとりで、シンプルなラインで描かれた人物と鮮やかな色彩が印象的。作品のテーマは核廃棄やLGBTの認知を訴えるものであるなど社会的なものが多いのが特徴です。

最近ではユニクロなどファストファッションのデザインにも取り入れられ、今も人気の高い作家のひとり。作品の査定は現代アートをよく知る買取業者に頼みましょう。


作家の署名入りの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
ストリートアートの有名作家、キース・へリング。業者の無料鑑定を受けるときは、作品の入っていた箱や鑑定書、保証書も一緒に出すことです。

オリジナルの額縁なら、額縁が古くなっていってもそのまま査定に出しましょう。箱や額縁には作家のサインが入っていることもあります。

キース・へリングの作品は偽物も作られていますから、オリジナルであるという証拠はどれだけあってもいいのです。付属品をそろえて査定を受けましょう。


評判の良いキース・ヘリングの買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
今なお高い評価を受けているキース・へリング。アートポスターなどの売却では、かならず複数の買取業者から無料査定を受けましょう。

買取店によっては大変な高価買取になることもあり、買取相場よりも高い鑑定額も不可能ではありません。キース・へリングを買いたい顧客がいれば、買取価格が高くなっても業者は損をしないからです。

売却前には複数見積もりでリアルな買取価格をチェックすること。適正価格で売れるでしょう。


信頼できるキース・ヘリングの買取業者の選び方

キース・へリングの作品は、ストリートアートの無料鑑定を実施し、
買取実績豊富な業者に売りましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
キース・へリングは今も大人気のアーティストです。売却にあたっては、現代アート作品の無料査定を実施している店に頼むのがコツ。

大型の絵画作品なら鑑定士を自宅に呼ぶ出張買取がいいでしょう。鑑定料不要で出張費は実費交通費だけでいいという買取店もありますから、最低限の経費だけで買取価格がわかります。

価値のある作品こそ信頼のおける店に頼むべき。悪質な業者は査定後に出張費や鑑定料を請求しますのでご注意を。


キース・ヘリングの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
最近ではユニクロのTシャツにデザインを取り入れられているキース・へリング。売却時には、これまでにへリング作品の買取経験がある業者に査定をしてもらいましょう。

ポップなへリング作品はさまざまなグッズになっています。多種類のグッズを正確に査定して買取価格を出していくには、鑑定士の経験が重要です。

買取実績豊富な業者は多数のへリング作品を見ていますから、査定額も正確。安心してまかせましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

キース・ヘリング 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なキース・ヘリング 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

キース・ヘリングについて

キース・ヘリングは、アメリカの現代美術家。1958年にペンシルバニア州で生まれ、1980年代のグラフィティ・アートで注目をあつめました。当時ニューヨークの地下鉄には、使用されていない広告版に黒い紙を貼ることがあり、キース・へリングはそこに絵を描き始めたのです。へリングは作品をサブウェイドローイングと名付け、コミカルで気軽に楽しめる落書きのような作品を描き続けました。やがて作品は、ポップな絵画として地下鉄の通勤客から高い支持を受け、展覧会が開催されるようになります。キース・へリングの国際的な評価も高まり、国外で壁画を制作したりワークショップをおこなって社会的なプロジェクトに参加したりするなど活躍の場が広がったのです。
キース・へリングの作風は「チョーク・アウトライン形式」と呼ばれる、シンプルなラインを使ったもの。柔軟なラインにビビッドな色を配し、視覚に訴える作風です。しかし作品のポップな見た目に反して、取り上げられるテーマは核廃棄や反アパルトヘイト、LGBTの認知など、社会的・政治的な色合いが濃厚。自身のセクシャリティがゲイでもあったへリングはエイズ予防啓発にも力を入れました。1990年に31歳で亡くなるまで、つねに社会と戦ったアーティストでもあったといえます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談