木越三右衛門の鉄瓶買取

木越三右衛門の買取相場

品名 買取相場
五代 木越三右衛門 筋入鉄瓶替蓋付 共箱 278,000円
木越三右衛門 菖蒲蜻蛉松木月 金銀象嵌鉄瓶 273,000円
木越三右衛門 虫喰蓋大講堂鉄瓶 宮崎寒雉鑑定箱 246,000円
五代 木越三右衛門 真丸形鉄瓶 共箱 218,000円
木越三右衛門 袋形 七宝銀被鍔形蓋鉄瓶 210,000円
木越三右衛門 岩肌筋地紋銀摘斑紫銅蓋砲口鉄瓶 166,000円
二代 木越三右衛門 責紐型鉄瓶 寒雉識共箱 155,000円
四代 木越三右衛門 糸巻摘 斑紫銅蓋 鉄瓶 共箱 95,000円

木越三右衛門の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 木越三右衛門の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 木越三右衛門の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 木越三右衛門の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの木越三右衛門鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
木越三右衛門作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

木越三右衛門を高く売る方法|買取のポイントは?

木越三右衛門の作品を高く売りたいなら、
鉄瓶についての知識が豊富な鑑定士に査定をしてもらいましょう。

  • 木越三右衛門の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    木越三右衛門は江戸時代中期の鋳物職人です。金沢藩で生まれ、寺に納める梵鐘で評価が高まり、やがて鉄瓶や茶の湯釜を手掛けるようになりました。

    鉄瓶の胴や持ち手に他の金属をはめ込んで絵柄を作る「金銀象嵌」を得意とし、日本画のような象嵌の鉄瓶は今も非常に人気があります。保存状態の良いものも多く、買取相場は高額です。

    所有する木越三右衛門の鉄瓶索引を売却する場合は、鉄瓶や茶道具、古鉄作品に造詣の深い目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。

  • 作者の署名、花押の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    木越三右衛門の鉄瓶は、作家の署名や押印、作品名を書いた桐箱に収納されていることがほとんど。「共箱」と呼ばれる貴重な付属品で、鑑定書や保証書と合わせて、鑑定額に大きく関係します。

    共箱には作家本人の署名以外に作品の真贋判定をした人の署名が入っていることもあり、「極め書(きわめがき)」入りの箱として扱われます。

    また茶人が特別に指示を出して作家に依頼した作品は「好み物」と呼ばれ、茶人の名前が入っていれば鑑定額に大きな影響を与えるものです。

  • 評判の良い木越三右衛門の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    保存状態がよく高価買取になる木越三右衛門の鉄瓶。売却する前には複数の評判がいい買取店から見積もりを取りましょう。

    木越三右衛門の鉄瓶は形や金銀象嵌の有無が買取価格を決める重要な要素になりますが、買取店によってはそれほど評価をせず、低い査定額を提示することがあります。

    同じ鉄瓶であっても買取業者によって査定額がことなりますので、一か所の査定額で満足してはもったいないこともあるのです。複数見積もりで比較してから売りましょう。

木越三右衛門の買取業者の選び方

木越三右衛門の作品を売るときは、
鉄瓶の無料鑑定ができる実績豊富な買取業者に頼みましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    鋳物の骨董品として人気の高い木越三右衛門の鉄瓶。売る前には鉄瓶の無料鑑定、無料査定ができる買取業者を探して、実際の買取価格を聞いてみましょう。

    作品によっては大変な高額査定になるアイテムですから、売却前に無料鑑定してもらうことは必要不可欠です。

    自宅から買取店が遠くて、持っていくのが大変だという場合は鑑定士を自宅に呼ぶ「出張買取」がおすすめ。買取店の名前が入っていない車で来てくれますから、周囲に買取を知られることもありません。

  • 木越三右衛門の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    所有する古美術品を売却するのは初めて、という場合は、買取業者の実績を確認しましょう。ホームページをみると、これまでにどんなタイプの、どの作家の鉄瓶を買取してきたかがわかります。

    多数の鉄瓶を買取していたりホームページに鉄瓶作家についての記事を掲載していたりする買取店は、鉄瓶について良く知っている業者です。

    査定額も適切ですし、作品の価値をよく見て鑑定してくれますので安心して売却の相談ができるでしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

木越三右衛門について

木越三右衛門(きごし さんえもん 木越正光 きごしまさみつ)は、江戸時代後期の鋳物師です。「三右衛門」は世襲の名前で、金沢藩において藩の御用釜師でもありました。藩主、前田家の茶の湯釜を作ることもあった名家です。
木越三右衛門 正光は、天明4年(1784年)に金沢藩の農家に生まれ、横川長久の門下に入って鋳物の技術を学びました。享和元年(1801年)に18歳で師匠の横川長久に従って制作した金沢天徳寺の梵鐘が高く評価され、名が知られるようになります。
その後も茶の湯道具や梵鐘などさまざまな鋳物作品を手掛けますが、とりわけ有名なのが鉄瓶です。
木越三右衛門の鉄瓶の特徴は材料に、「和銑(わずく)」が使われていること。「和銑」は、たたら製法で精錬された鉄です。砂鉄から伝統技法で作り出す和銑は作り上げるまでに大変な手間と時間と、高い技術を必要とします。また一度のたたらで作れる和銑の量は多くありません。貴重な鉄なのです。コストと時間を考えれば和銑はメリットの少ない鉄ですが、鉄鉱石からとれる洋銑(ようずく)と比較すると強靭なのが大きな長所。固くてさびにくく、いちど錆びても一定のレベルで錆が止まるという特徴を持っています。
木越三右衛門の鉄瓶は和銑を使っているものが多く、長い時間を経ても保存状態が非常にいいのが特徴です。一般的に鉄瓶や茶の湯釜は湯水を使うためさびやすく、穴が開いてしまったものも珍しくありません。木越三右衛門の鉄瓶は作られてから百年以上が経過していますが、今でも綺麗な状態を維持しているものが多く、買取相場は非常に高額です。

木越三右衛門の作風

木越三右衛門の特徴は美しい金銀象嵌です。胴に金銀象嵌で花鳥風月や風景が描かれており、雅趣に富んでいるのが特徴。ゆったりした胴に繊細な柄の象嵌がほどこされた鉄瓶は美しさと強さを感じさせます。また木越三右衛門の鉄瓶は素材として「和銑(わずく)」が使われており、作られてから数百年がすぎても当時に近い状態を維持しています。強靭な和銑の鉄瓶は、今購入してもこれから鉄瓶を育てる楽しみがあるため、需要がとても高いのです。