金寿堂の鉄瓶買取

金寿堂の買取相場

品名 買取相場
金寿堂 名人 雨宮宗兵衛造 銀摘四君子短冊金銀象嵌姥口平丸形鉄瓶 共箱 2,450,000円
金寿堂 名人 雨宮宗 保普羅形 鉄瓶 共箱 1,470,000円
金寿堂 名人 雨宮宗兵衛 金銀象嵌 桜鳥風景図 岩口 鉄瓶 共箱 1,400,000円
金寿堂 宗信造 金銀象嵌鶴首形 蜘蛛巣牡丹象嵌 鉄瓶 共箱 1,260,000円
金寿堂 雨宮宗 雷文銀象嵌弦 宝珠摘銅蓋 松木文長閑形鉄瓶 共箱 780,000円
金寿堂 雨宮宗 土器式環摘刷毛目鉄瓶 共箱 716,000円
金寿堂 雨宮宗造 渦霰銀摘鉄瓶 共箱 560,000円
金寿堂 宗兵衛 金銀象嵌道安形鉄瓶 共箱 525,000円

金寿堂の鉄瓶買取価格

商品名 買取価格

金寿堂造 銅蓋 鉄瓶 湯沸

金寿堂造 銅蓋 鉄瓶 湯沸

35,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 金寿堂の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 金寿堂の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 金寿堂の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの金寿堂鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
金寿堂作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

金寿堂の鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

金寿堂の鉄瓶を高く売るには、
茶道具の買取実績が豊富な鑑定士に見積もり、査定を依頼しましょう。

  • 金寿堂の鉄瓶作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    金寿堂は、京鉄瓶の人気工房です。京鉄瓶は南部鉄瓶や山形鋳物などと並んで、高価買取されている古美術品のひとつ。金象嵌、銀象嵌の細工をほどこした美しい鉄瓶は日本のみならず、中国でも非常に高く評価されています。

    最近では、アジア圏での評価が上がってきたため買取価格は上昇傾向です。とくに歴代の金寿堂作家のうち、名人と言われる雨宮宗兵衛、金森佐兵衛の作品は高額査定になります。

    寿堂の鉄瓶を売却するときは、鉄瓶、茶道具の知識のある鑑定士に見積もりを依頼しましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    金寿堂の鉄瓶は作家によってはコレクターもいる貴重な古美術品。買取店の査定を受ける場合は、付属品とよばれる箱や書類も添えて出しましょう。

    付属品とは、鉄瓶が入っていた専用の桐箱や鑑定書、購入店のギャランティカードのこと。付属品がそろっていれば作品の来歴がわかりますし、鑑定士による真贋判定も容易になります。

    付属品は引越しや断捨離で処分してしまいがちですが、鑑定額を左右する大切なもの。買取店の査定が終わるまでは鉄瓶と一緒に保管しましょう。

  • 評判の良い吉田美統の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    幽玄な美しさが魅力の吉田美統の陶芸作品ですが、どれほど貴重な作品であっても陶芸の査定が不得意な買取店には価値が伝わらないこともあります。

    また、リサイクルショップでは全国一律的な査定額しかつけられないことがあるので、コレクターなどの相場観が反映されないことも。

    少しでも高く売りたいとお考えなら、人間国宝の価値を知る伝統工芸品の扱いに長けた買取店複数に相見積もりを取っての価格比較をおすすめします。

金寿堂の鉄瓶買取業者の選び方

金寿堂の鉄瓶を売るときは、古美術品の無料鑑定を実施しており、過去の買取実績が多い業者を探しましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    貴重な鉄瓶を売却する前に、無料査定・無料鑑定を実施している買取業者に査定依頼するのがおすすめです。

    骨董品の無料査定を行っている買取店には目利き鑑定士が在籍していることが多く、高額な骨董品でも鑑定料不要で正確に査定をしてくれます。

    複数の鉄瓶を売りたい場合は、鑑定士を自宅に呼ぶ「出張鑑定」に対応してくれる業者を選びましょう。

    しかし、なかには高額な鑑定料を請求する業者もいますので、事前に査定に関する費用をコストの確認をしておくと安心です。

  • 金寿堂の鉄瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    金寿堂の鉄瓶には名人が作ったものがあり、ほかの金寿堂鉄瓶よりも高額で売買されています。「雨宮宗」や「金森 佐兵衛」の銘が入った鉄瓶は高額査定される美術品です。

    価値ある作品を安易に売却しないためには、これまでに多数の鉄瓶を買取している業者に査定依頼すること。ホームページに過去の買取実績を画像付きで多数掲載している業者がおすすめ。

    お手持ちの作品に似ている品をチェックして、いくらで買取されているのかを見ることが出来ます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

金寿堂について

金寿堂は「京鉄瓶」の有名工房です。
京鉄瓶とは、京都および滋賀県を中心とした関西地方が発祥の鉄瓶のことです。鉄瓶は岩手県の「南部鉄瓶」と関西エリアの「京鉄瓶」にわかれており、京鉄瓶は茶道のお道具として使われることが多い高級鉄瓶です。
京鉄瓶は、お湯が沸くとシュウシュウという音を立てるのが特徴。これは、鉄瓶の内底に「鳴り金」という鉄片が付けられているためです。この音が松風の音に似ていて風韻があるということで、茶道では京鉄瓶がよく使われています。また鉄瓶のふたは銅で作られていることが多く、つまみは真鍮製もしくは銀製です。
京鉄瓶と南部鉄瓶の買取価格を比べてみると、一般的には京鉄瓶のほうが高価買取されています。そのなかでも金寿堂は、他の京鉄瓶の有名工房「龍文堂」「亀文堂」とならぶ人気工房なのです。

金寿堂の鉄瓶は、ふたに銘が入っているのが大きな特徴です。ふた裏に「金寿堂造」の銘があり、さらに鉄瓶の銅に作家の銘が入っているものは高価買取になる可能性がたかい貴重なものです。
歴代の金寿堂作家のなかには名人と呼ばれる人がおり、とくに「雨宮宗」「雨宮宗兵衛」「金森佐兵衛」の三人が有名。この3人の作品は、錆が浮いている状態の鉄瓶でも大変な高額査定がされています。

とくに雨宮宗の鉄瓶は中国をはじめとするアジアの国々で非常に高く評価され、国外でも高額売買の対象です。
雨宮宗の作風は、端正なフォルムに金象嵌や銀象嵌がほどこされた豪華なもの。鉄瓶の銅に大きく金・銀の象嵌がされた作品は非常に豪華です。細工が細かくて美しいこともあり、実用品としてだけでなく、観賞用の骨董品としても人気があります。たとえば大きな金象嵌が入った雨宮宗の鉄瓶は、300万円以上の価格で売買されたことがありますし、古くて錆が出ている鉄瓶であってもネットオークションでは高値がつくほどです。
なお鉄瓶作品の場合、錆はそれほど大きなマイナス評価ではありません。ほとんどの錆は落とすことが出来るからです。逆に水漏れがあると大きなマイナス要因になります。

金寿堂鉄瓶について注意すべきことは、偽物が多数流通している点でしょう。金寿堂、雨宮金寿堂ともに人気が高く、売買金額も高いため、偽物が作られているのです。とくに人気の雨宮金寿堂には、精巧な偽物も市場に流通しています。真贋の見きわめはむずかしいため、ベテランの鑑定士に任せるのが安心でしょう。
本物の雨宮宗作品を見分ける目安として、鉄瓶の内側に銘があるかどうかがポイントになります。胴の内側に「雨宮宗造」の銘が入っていれば本物の可能性は高いでしょう。箱書きは「金寿堂造、宗、花押、印」が一般的です。

雨宮金寿堂の作品に限らず、金寿堂の鉄瓶はフォルムの美しさ、細工の丁寧さから人気があり、古美術市場での買取相場は高値傾向です。しかし本物の金寿堂鉄瓶は現存数が多くありません。
そのため需要と供給のバランス、アジア圏での人気の高さから買取相場は上がるいっぽうです。