小堀鞆音の買取

小堀鞆音:歴史画・武者絵を優雅な画風で描いた大家

小堀鞆音(こぼりともと)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。

栃木県に生まれ、幼少期から父や兄に絵の手ほどきを受けたあと、上京して日本画家の川崎千虎(ちとら)の弟子になります。川崎千虎が有職故実に精通していたため、日本画の技法とともに有職故実についても学びました。

有職故実とは官職位階、宮殿殿舎、服飾、武具、年中行事、典礼などに関する研究のことです。
また土佐派の川辺御楯にも師事し、大和絵の正統的な技法を身につけていきます。

美術工芸品共進会展に『名和長年詣内裏図』を出品したのをはじめ、『知盛八島之図』『元就詣厳島』『宇治橋合戦』などの歴史画で高い評価を得ました。

東京美術学校(東京芸大の前身)で教職に就き、教育者として熱心に指導に当たりました。
門下には安田靫彦・川崎小虎らがおり、小堀鞆音の業績のひとつは正統派の大和絵を継承して門下に伝えたといわれるほどです。

日本美術院会員や文展の審査員、国画玉成会の評議員と審査員、帝国美術会員、古社寺保存会委員などを歴任し、1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命されました。

画風は歴史画・人物画に見られる優雅さです。大和絵の復興に尽力したこともあり、とくに武者絵を得意としました。壮大なストーリー性を感じさせる大和絵には熱心なコレクターがおり、今でも作品の評価が下がらない作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談