小室翠雲の買取

小室翠雲:中国文人画の伝統をうけ、品格のある南画を描いた画家

小室翠雲(こむろすいうん)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

群馬県館林市の呉服商の子として生まれ、10代後半ごろより南画家の田崎草雲(たさきそううん)の弟子になりました。草雲からは中国に由来する正統派南画を学び、詩文は山下雪窓に学びました。

田崎草雲の死後に上京して、南宗画会や日本美術協会に出品。しだいに才能を認められました。

小室翠雲が活躍し始めたころ、文展は審査員の選定に関して二派に分かれて争っていました。
小室翠雲は文展新派に対抗する立場をとり、高島北海(たかしまほっかい)や荒木十畝(あらきじっぽ)らとともに正派同志会を結成しました。

第二回以降の文展では毎年受賞するなどの目覚ましい活躍を見せ、「青山白雲」「雪中山水」「春景秋景山水」「四時佳興」がいずれも3等賞を受賞するなど、日本の画壇での地歩を固めました。

大正10年には田近竹邨(たぢかちくそん)、矢野橋村(やのきょうそん)らと日本南画院を創立。
のちに大東南画院の設立につとめ、日華の南画壇の交流に尽くしました。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命。

小室翠雲の作風は、正統派南画の品格をそなえたものです。
代表作の「寒林幽居」のように文人にとっての理想郷を描いた作品は、気品と風格に満ちています。
絵のほか、漢詩や書にも優れており、まさに中国伝来の文人画の流れを受けた正統派南画家でした。
骨董界では山水画と花鳥画ともに、とても人気の高い画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談