近藤悠三の買取

近藤悠三の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い近藤悠三を処分したい
  • 所有している近藤悠三が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた近藤悠三の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた近藤悠三を、まとめて売りたい

ご安心ください!
近藤悠三買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

近藤悠三について

染付の悠三と称される染付の人間国宝、陶芸家

近藤悠三(こんどう ゆうぞう 1902-1985年)は、「染付の悠三」という異名で知られる陶芸家です。京都市で生まれた悠三は、京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤(ろくろ)科に入所し、卒業後は同所に助手として勤務しました。その後はイギリスから帰国した民芸運動の旗手、富本憲吉の助手として教えを受けます。ここでは、釉薬などの科学的技法だけでなく、作陶の心構えなど精神的な部分も指導を受けたといわれています。第9回帝展に初入選を果たした後は、13回連続で入選、そのほか多くの作品を発表し、展覧会の審査員や理事、会長を歴任しました。悠三が自身の染付を会得するまで、若い頃は釉裏紅、象嵌といった技法を用いたり、岐阜県多治見市で志野焼の研究をしたりしていました。試行錯誤によって濃淡をつけた絵画的な表現を確立し、後年は陶磁器作品「赤絵金彩壺」、「金彩赤地皿」、「呉須染付」などの連作を手がけるなど精力的に活動しました。
赤絵と呉須染付の併用は悠三独自の手法として特に有名です。また、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)の助教授を経て教授、学長をつとめるなど後進の指導にも尽力しました。重要無形文化財「染付」保持者(人間国宝)に指定されており、紫綬褒章、勲三等瑞宝章、紺綬褒章も受章しています。長男の近藤豊、次男の近藤濶(ひろし)は陶芸家として、孫の近藤高弘は陶芸家、美術家としてそれぞれ活動しています。作品には「清風金彩徳利」、「柘榴染付皿」などがあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定