熊谷直彦の買取

熊谷直彦の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

熊谷直彦について

四条派の伝統を守り、優雅で華麗な花鳥画を描いた日本画家

熊谷直彦(くまがいなおひこ)は、幕末から明治・大正にかけて活躍した日本画家です。

江戸後期に京都の神職の子として生まれ、四条派の岡本茂彦に日本画を学びます。
師の岡本茂彦は四条派の中心人物の一人だった岡本豊彦の子で、王道の四条派の技術を熊谷直彦に伝えました。
熊谷直彦は、は非常に筋目のいい四条派の画技を学んだといえるでしょう。

師の岡本茂彦がなくなってからはほぼ独学で研鑽を重ねますが、幕末の動乱期には広島藩士の熊谷左門の養子になった縁から、藩士として国事に奔走することになり、一時的に画業は中断されました。

維新後はしばらく広島で官職につき、のちにふたたび画業に専念し、山水画や花鳥画、人物画を描きました。第二回内国絵画共進会に「大江山」「鯛」を出品し、シカゴ万博に「雨中山水」をパリ万博にも出品するなど精力的に活動を続け、1904年(明治37年)には帝室技芸員に任命されました。

熊谷直彦の作風は、四条派の伝統を重んじたものです。柔軟な筆致で花鳥風月の特徴を捉え、美しい色彩とともに表現した作品が多く、見るものの気持ちを和ませるのが特徴です。

東宮御所の新築に際しては杉戸の絵を描いたというエピソードに見る通り、宮中などでも違和感なく溶け込める優雅な画面構成が特徴です。

作品には、手元に置いてじっくりと見たくなるような優雅さがあり、人気のおとろえない作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談