黒田清輝の買取

黒田清輝:日本画壇に外光の重要性をもたらした洋画界の重鎮

黒田清輝(くろだせいき)は、明治・大正期に活躍した洋画家です。

鹿児島に生まれ、幼少時に叔父の黒田清綱の養子になるため上京しました。築地英学校・外国語学校フランス語科などに在籍して法律を勉強するための準備を進め、同時に細田季治(高橋由一の門下)に鉛筆画を学びました。美術に興味はありましたが、鉛筆画が、渡欧前の黒田清輝が受けた唯一の美術勉強だったようです。

17歳で法律を学ぶためにフランスへ留学するも、わずか2年で絵画に転向。フランス人画家のラファエル・コランを師として9年間の留学をつづけました。フランスで外光をふんだんに取り入れた表現を学び、1893年(明治26)の帰国後は、それまでの日本洋画界になかった明るい画面を描きました。

1896年(明治29年)に白馬会を結成、東京美術学校(東京芸大の前身)西洋画科の教授になりました。以後は白馬会と東京美術学校で多くの後進を育成していくことになります。1910年(明治43年)に帝室技芸員に任命。

代表作の「湖畔」は手前に浴衣を着た女性(黒田夫人)を配して、背後に静かな芦ノ湖が広がっている一枚です。外光をたっぷりと取り入れた構図からは異国的な空気さえ漂います。この作品はパリ万博にも出品されて、絶賛を受けました。

黒田清輝の特徴は正確なデッサン力です。人体を正確に描くことを重視し、裸体デッサンを制作の基礎におきました。大学の教育課程に人体デッサンを組み込んだ点も、黒田清輝の偉大な業績です。的確な表現力をもった作品はつねに人気があり、名実ともに日本の油彩画界の巨匠です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談