日下部鳴鶴 買取

日下部鳴鶴について

中林・巌谷とともに明治の三筆に数えられる書家

日下部鳴鶴(くさかべ めいかく 1838-1922年)は、近代書道を確立した人物の一人です。ほかに翠雨、野鶴、老鶴などの号も用いていました。近江国(現滋賀県)の彦根藩士の家に生まれた鳴鶴は、桜田門外の変で藩主である井伊直弼が暗殺されたことで貧しい生活を強いられるようになります。禄が減り困窮したことで書道に専念する決心をし、上京。明治政府によって太政官に任命されますが、大久保利通の暗殺によって退官、書法の確立に勤しむことになりました。
鳴鶴に特定の師匠はいませんが、その当時すでに故人であった書家で文人画家の貫名菘翁(ぬきな すうおう)の書を手本として学び、また、中国の六朝書や碑の研究もおこなっていたといわれています。後年は中国へ渡って六朝書道の研究をしたり、文人との交流をしたりして研鑽を積み、多くの弟子を育成しました。
明治の三筆は、ほかに中林梧竹(なかばやし ごちく)と、巌谷一六(いわや いちろく)がおり、この中で多く弟子をとったのは鳴鶴だといわれています。このことから、明治の三筆の中でも特に日本近代書道の父と解釈されています。書画をあらわすという芸術面だけでなく、教育者としての側面も大きな功績があった人物だといえるでしょう。作品として身近なところでは、日本酒「月桂冠」の筆文字が挙げられます。また「大久保公新党碑」も鳴鶴の手によるものです。なお、鳴鶴は雅印を400以上所有しており、その多くは新潟大学書道科が管理をしています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談