真鍋静良の銀瓶買取

真鍋静良の銀瓶の買取相場

品名 買取相場
真鍋静良 純銀南鐐口打出銀瓶 鉄之蓋 共箱 1,240,000円
真鍋静良 純銀岩霰鉄ノ手銀瓶 共箱 880,000円
真鍋静良 純銀 菊花摘宝珠形銀瓶 共箱 378,000円
真鍋静良 翡翠摘黄銅之手南鐐平安形 銀瓶 識箱付  756,000円
真鍋静良 純銀一塊口打出鉄之釣 銀瓶 共箱 701,000円
真鍋静良 純銀 一塊 口打出 湯沸 平安瓶 銀瓶 箱  610,000円
 真鍋静良 金象嵌鉄環摘宝珠鐵手銀瓶 共箱 357,000円
真鍋静良 純銀水指 銀瓶 630,000円

真鍋静良の銀瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の真鍋静良作品を処分したい
  • 所有している真鍋静良の銀瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた真鍋静良の銀瓶買取相場が知りたい
  • コレクションしていた真鍋静良を、まとめて売りたい

ご安心ください!
真鍋静良買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

真鍋静良の作品を高く売る方法|買取のポイントは?

真鍋静良(半入居)の銀瓶、陶芸作品の高額査定を目指すなら、
審美眼のある鑑定士に相談してみましょう。

  • 真鍋静良の作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    真鍋静良は、優れた金工家として一塊打出しの銅瓶、銀瓶を製作しました。

    また、備前焼に魅了されて金重陶陽に学び、築窯、作陶したマルチアーティストでもあります。

    高い技術をもつ真鍋静良の作品は、その価値を正確に見極めることができる専門家へ鑑定を依頼するのが安心です。

    骨董品や煎茶道具の査定になれた鑑定士へ相談してみましょう。

  • 作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    真鍋静良は、陶芸家として半入居という号を用いていました。そのため、銅瓶、銀瓶は真鍋静良、陶芸作品は半入居と、銘が異なります。

    価値を正しく鑑定するためには、こうした銘の情報が確認できる共箱や保証書の存在が重要に。付属品はなるべくすべてそろえて見積もりを出してもらうようにしてください。

    汚れやくもりは無理に落とすと、キズつけてしまうおそれがあります。そのままの状態で査定に持ち込んでも問題ありません。

  • 評判の良い真鍋静良の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    真鍋静良の作品は、煎茶道具や伝統工芸品を多く取り扱っている買取店に売却しましょう。チェーン店では、出せない高額査定が実現するかもしれません。

    納得いくまで吟味したいという場合は、複数の買取店から見積もりを取り寄せるのがおすすめです。

    無料査定をいくつか行なうことで、相場を見極めることができます。もっとも高値を提示してきた買取業者を選びましょう。

真鍋静良の作品買取業者の選び方

真鍋静良の銀瓶を高く売りたい、そんな時は、
無料査定を実施している買取実績豊富なお店を見つけることから始めます。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    査定は多くの店舗が無料で実施しています。ですが、思わぬトラブルに巻き込まれないように、査定の流れと必要な費用は事前に確認しておくことをおすすめします。

    少数ではありますが、法外な手数料を請求してくる悪質な店舗もあります。メール(LINE)、電話で問い合わせる時には、心配なこと、不安なことをあらかじめ書き出して質問するようにすると安心ですね。

  • 真鍋静良の銀瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    買取実績は多ければ多いほど、鑑定士の腕が良く信頼が厚いことを意味します。

    真鍋静良の銅瓶、銀瓶を売却したいと思ったらまずはネットで買取店のサイトやブログを検索してみましょう。ネットから買取実績をリサーチできます。

    真鍋静良で見つからない場合は、銀瓶や急須などの煎茶道具全体で検索するのもおすすめです。大切な銀瓶、高く売却できるように色々調べてみてくださいね。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

真鍋静良について

真鍋静良(まなべせいりょう)は、明治19年に香川県高松市で生まれました。
一塊打出しという技法に長けていて、銀瓶や銅瓶を製作する金工家として知られています。
金工には鍛金、鋳金、彫金という3つの技法ジャンルがあり、それぞれにいくつもの技術が存在します。
真鍋静良が得意とした一塊打出しは、鍛金における一技法です。板材を叩いて立体物を構築する技法で、熟練の技術を要する手法として知られています。真鍋静良は東京鈴木製作所で金工を学び、技術を習得したとされています。
そしてその技術は、岡山県指定無形文化財に指定された金工家である北村静香へと受け継がれました。北村静香に金工をすすめたのは真鍋静良だという説もあります。

銅瓶、銀瓶で名を馳せた真鍋静良ですが、昭和6年頃から陶芸に興味を持ち始めています。備前焼きで初の人間国宝となった岡山県の金重陶陽(かねしげとうよう)に師事して、作陶を始め、金工家としてだけでなく陶芸家としても活躍するようになります。
終戦後は、半入居(はんにゅうきょ)という号を用いるようになりました。
そのため、金工家の真鍋静良と陶芸家の半入居は同一人物となります。真鍋半入居と記されることもあります。

真鍋静良の略歴

略歴
1976年 富山県高岡市に生まれる
1996年 2代から釜づくりを学ぶ
2007年 3代目を襲名。日本伝統工芸富山展にて、奨励賞を受賞
第54回日本伝統工芸展にて、朝日新聞社賞を受賞
2009年 日本伝統工芸富山展にて、県教育委員会賞を受賞
日本伝統工芸会正会員となる
2010年 日本伝統工芸富山展にて奨励賞を受賞
2013年 日本金工展にて、朝日新聞社賞を受賞
第60回日本伝統工芸展にて、NHK会長賞を受賞
第7回佐野ルネッサンス鋳金展にて、第1部門大賞を受賞