円山応挙の買取

円山応挙の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

円山応挙について

円山応挙(円山應擧)(まるやま おうきょ 1733-1795年)は、円山派の祖となった絵師です。
表記について「応挙」の漢字が一般的に用いられています。

農家の次男として生まれた應擧の少年時代について、あまり詳しいことは分かっていません。少なくとも十代後半までには京都の鶴沢派の画家、石田幽汀に弟子入りしていたのではないかといわれています。

修行時代には玩具商に勤め、木版刷りの眼鏡絵を制作していました。
眼鏡絵とは浮世絵の一種で、鏡とレンズを使って立体感と遠近感を感じさせるからくり絵のことです。

鏡に映った絵を見せるため、反転させて読めるように文字が鏡文字になっているという特徴があります。1766年から絵師として應擧と名乗るようになり、豪商三井家をパトロンに得て活動しました。

應擧の画風の特徴は、写生を重視した写実的な表現です。
いつも写生帖を持ち歩き、日頃から動植物のスケッチに取り組んでいたといわれています。

一方で日本画の伝統的な構図の美にも着目し、写実的でありながら豊かな装飾性がみられる掛け軸や屏風を多くあらわしました。

諸説はあるものの、ジャパニーズホラーの典型である「足のない幽霊」の姿を描き始めたのは、應擧であるとも伝えられています。

三井記念美術館が所蔵している国宝「雪松図屏風」、重要文化財に指定された「七難七福図巻」、「藤花図屏風」、「大乗寺障壁画」などが代表作として広く知られています。

大乗寺は、修行寺に苦学していた應擧を援助したというエピソードがあり、ゆかりの深い寺院の一つとして有名です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談