正岡子規の買取

正岡子規の買取・査定実績


こんなお悩みございませんか?

  • 持っている正岡子規の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 正岡子規の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 正岡子規の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 正岡子規の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた正岡子規の掛軸を処分したい

ご安心ください!
正岡子規買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

あなたのガラクタ、
だれかのお宝!

こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。「買取福助」は価値ある骨董を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

出張買取

  • 日時のご予約日時のご予約
  • ご自宅へ訪問・査定ご自宅へ訪問・査定
  • その場でお支払いその場でお支払い

出張買取対応地域

東京都内、川崎市
出張買取対応中

出張買取可能地域

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

ポイント
  • 成約に至らなくても出張料金はかかりませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお問い合わせください。

店頭買取

宅配買取

  • 伝票到着後に品物と必要書類を郵送伝票到着後に品物と必要書類を郵送
  • 品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡
  • 買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

買取福助「安心」の3つのこだわり

当店では、初めてのお客様やお一人様でも安心してご利用いただくために、3つのこだわりを持ってご対応させていただいております。

1安心のお取引

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。

お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。

分かりやすい見積書

分かりやすい明細で安心

分かりやすい見積書
後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。

2満足いただける高価買取の仕組みがある

手数料は無料

手数料は無料

手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
買取価格日本一へ挑戦

買取価格日本一に挑戦

買取価格日本一へ挑戦

当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。

3お客様目線での対応・お店づくり

査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。
査定だけでもOK

査定だけもOK、キャンセル料はいただきません

査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
買取成立すれば、即現金でお支払します。

即現金化、スピーディーに対応します

買取成立すれば、即現金でお支払します。

お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。

入りやすい店舗づくりを心がけています。

入りやすい店舗づくり

入りやすい店舗づくりを心がけています。

どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある古美術店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。

お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。

正岡子規の買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な正岡子規の買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

正岡子規について

結核の病床から次世代の句を創作した俳人

正岡子規(まさおか しき 1867-1902年)は、俳人として活動し国語学研究家としても高名な人物です。俳句や短歌、小説、随筆、詩などさまざまなジャンルの文芸創作活動をおこなっていました。伊予国温泉郡(現愛媛県松山市)に生まれた子規は、松山藩士である父を早くに亡くし、幼いうちに家督を相続しました。少年時代から漢詩、書画に親しみ、政治にも興味を示していたといわれています。旧制松山中学(現松山東高)を中退し、受験勉強のために上京、東大予備門(現東京大学教養学部)に入学しました。松山の学生時代は、のちに海軍軍人となる秋山真之(あきやま さねゆき)、政治家となる勝田主計(しょうだ かずえ)らと親しく過ごし、東京では夏目漱石(なつめ そうせき)、学者の南方熊楠(みなかた くまぐす)らと同級生でした。大学を中退してから記者として働きますが、ごく短期間、従軍記者として赴いた戦地から戻る船の中で喀血。以降は療養生活を送りながら俳句を読み、短歌の革新につとめました。ちなみに、「子規」とはホトトギスのことです。
ホトトギスのくちばしが赤いのは、「鳴いて血を吐いたから」という言い伝えがあり、彼はこれを自分になぞらえて号としました。結核を患って病床にいた子規ですが、彼の設立した新しい短歌を創作する会「根岸短歌会」はのちの世代も受け継がれ、「アララギ派」の源流となっています。野球を好み、日本に野球が導入された最初期の選手の一人としてもよく知られています。結核でマウンドに立てなくなるまで、捕手として熱心に活動していたといわれています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談