松林桂月の買取

松林桂月:気品あふれる正統派南画を継承した巨匠

松林桂月(まつばやしけいげつ)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

山口県に生まれ幼少期から絵や漢詩に親しみ、上京して野口幽谷(のぐちゆうこく)の弟子になりました。南画を学び、師の幽谷なくなった後はほぼ独学で絵の勉強をつづけました。

日本美術協会展に「怒濤健鵰」を出品して銅牌を受けるなどさまざまな展覧会で受賞をかさね、セントルイズ万国博覧会に「菊に鶏」を出品して高い評価を得ました。さらに昭和14年のニューヨーク万博では代表作の「春宵花影」を出品。朧月夜と桜を叙情豊かに描いた作品は、国内外で絶賛されました。

帝展審査員、帝国美術院会員になったのち、1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、文化勲章を受章しました。

松林桂月の特徴は、正統派の南画の格調高さです。絵画に気韻をもとめる文人画の系統を引き、絵画のみならず書や詩にも深い造詣をしめしました。

戦後はしだいに南画の人気が衰えたため弟子には南画をすすめることはなくなりましたが、松林桂月本人はどこまでも「詩書画三絶」にこだわり、気品ある水墨画を目指しました。

見るものの気持ちを清涼にする松林桂月の作品には熱心なファンが多く、絵画では没後も人気のある画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談