松村呉春の買取

松村呉春:趣味を昇華させて絵師になった与謝蕪村の高弟

松村呉春(まつむら ごしゅん 1752-1811年)は、江戸時代の絵師です。月渓(げっけい)、可転(かてん)、允白(いんぱく)という別の号を用いた作品も残しています。

京都の金座年寄役の家の長男として生まれた呉春は、家業を継いで裕福な暮らしをしていました。
金座とは、金銀鋳造や鑑定、検印をおこなう組織のことです。

絵を学び始めたのは金座家業の息抜き、趣味の手習いとしてでした。
ほかにも書や横笛、謡曲、蹴鞠といった芸事をたしなみ、すべて器用にこなしていたといわれています。
絵も習い始めてからみるみるうちに頭角をあらわし、絵師を本業として生活するようになります。

金座で働いていた当時の最初の師は大西酔月で、酔月が亡くなった後は与謝蕪村の内弟子として文人画、俳諧を学びました。
蕪村も呉春の器用さと才能をかっており、ほかの弟子に宛てた手紙の中で「(呉春)は器用なるおのこ」であると綴っています。

その後、蕪村とは作風の異なる円山応挙と交流するようになり、応挙を棟梁とした6人組の絵師の1人に仲間入りを果たします。

応挙と近くなってから、「文人画よりも写生画を描くように」という助言を受け、その通りに創作を始めます。文人画のエッセンスは残しつつ、写実的に描く呉春の画風は人気となり、応挙亡き後、四条派の祖として崇められていきます。

代表作は、重要文化財に指定されている襖「四季耕作図」、「白梅図屏風」、掛軸「桜花游鯉図」などです。

なお、呉春を描いた司馬遼太郎の短編小説「天明の絵師」も、よく知られた存在です。
希少な松村呉春の掛け軸を売るなら、是非当社へご相談ください。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談