松澤登美雄 買取

松澤登美雄の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い松澤登美雄を処分したい
  • 所有している松澤登美雄が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた松澤登美雄の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた松澤登美雄を、まとめて売りたい

ご安心ください!
松澤登美雄買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

松澤登美雄を高く売る方法

松澤登美雄の作品を査定に出すなら、
貴重な木彫り人形の価値が分かる目利き買取業者を探しましょう。

高く売る方法

松澤登美雄の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
松澤登美雄(まつざわとみお)は長野県の木彫り人形作家です。大正から昭和にかけて起きた「農民美術」の流れを汲み、素朴で生き生きとした木彫り人形を制作しています。

昭和の時代風俗を反映した人形は小さなサイズですが、ひとつずつ手作りされた貴重なもの。同じモチーフであっても表情がちがいますし、すべてオリジナルです。

制作された数が少ないため買取価格はとても高額です。査定は目利き鑑定士にお願いしましょう。


作家の署名入りの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
松澤登美雄の人形を無料査定に出すときは、人形に付属していた箱も一緒に出しましょう。

専用の収納箱には作家の署名や作品名が直筆で書かれていることがあり、落款という印が押されているものもあります。

署名や落款が入った箱は「共箱」という貴重なもの。さらに鑑定書や保証書が付いていれば、作品が本物である証明です。鑑定士の真贋判定の参考になりますから、付属品はぜんぶ、作品に添えて出しましょう。


評判の良い松澤登美雄の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
素朴さで人気の松澤登美雄の木彫り人形。売ろうかなと思うときは、複数の買取店から見積もりを取るといいでしょう。

木彫り人形に限らず、美術品の価値は固定されたものではありません。

買取店ごとにことなる査定基準が存在しますし、同じ買取店でも顧客の希望によって特定の作家作品を探しているときは相場より高い鑑定額を出すものです。

複数見積もりの比較で、そのときに一番高い買取価格をだした店に売りましょう。


信頼できる松澤登美雄の買取業者の選び方

松澤登美雄の人形の売却では、木彫り作品の無料査定ができる業者
買取実績のある業者を探しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
木彫り人形の査定は、無料査定をしている買取店を選んで持ち込みましょう。

多数の品を扱う無料査定では、目利き鑑定士が一つ一つの美術品を査定していきます。

さまざまなジャンルの品が入ってきてもすぐに最新の買取相場に応じて、正確な査定額を出してくれるので安心してまかせませんか。

良心的な買取業者は出張査定でも鑑定料は取りません。逆に法外な出張費を請求する業者は悪質です。査定前に費用を確認しておきましょう。


松澤登美雄の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
松澤登美雄の売却では、これまでに木彫り作品を多数買取している業者を選ぶのがコツです。

木彫り作品には根強い需要があり、高価買取になることも多いアイテム。

多数の木彫り人形を鑑定して買取している業者なら、松澤登美雄の正確な価値が分かっていますし真贋判定も信用できます。

成功する買取には、売り手が信頼できる買取業者を探すことが重要です。売却前に業者のホームページをみて、実績を調べておきましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

松澤登美雄 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な松澤登美雄 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

松澤登美雄について

松澤登美雄(まつざわとみお)は、木彫り彫刻家。昭和23年に長野県安曇郡白馬村に生まれました。農民美術の木彫り彫刻家である尾澤千春(おざわちはる)に入門し、彫刻の技術と農民美術について学んだ後、彫刻家として活動。師である尾澤千春も長野県生まれで、県内の農民美術運動の第一人者として知られています。松澤登美雄は師の志を受けつぎ、現在も農民美術の伝統を伝える木彫り人形の制作につとめているのです。「農民美術」は農閑期における、農民の手工芸として始まりました。大正から昭和初期にかけて、洋画家である山本鼎(やまもとかなえ)を中心として全国で流行。長野県ではそれ以前から、上田市周辺の木彫り人形「こっぱ人形」という民芸品があり、登山をする人や山で働く人の姿を、手に乗せられるサイズの木片で人形にすることが盛んでした。松澤登美雄も昭和の時代風俗を生かしながら、市井の人々をモチーフにした素朴で愛らしい木製人形を制作しています。
小さいサイズとはいえすべて手作りの木彫り作品のため、松澤登美雄の人形は大量生産ができません。希少価値と生き生きした人形の表情から評価が高く、美術市場での価格は高値で推移しています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談